失敗しない!憧れのガレージのある家を作るポイントと実例を紹介

土地を有効に活用でき、車好きの憧れでもあるガレージハウス。注文住宅を建てる際にこだわって作りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。ガレージハウスはおしゃれなだけではなく利便性も多い一方、デメリットもあります。ガレージを作る際の注意点や、実際の事例を交えながら、ガレージハウスの魅力を紹介していきます。

 

ガレージハウスとは

ガレージハウスとは、建物内にガレージを組み込んだ住宅です。

住宅の中に設けられたビルトインガレージ・インナーガレージは駐車スペースとしてだけではなく、家の中から愛車を眺めるなど、車好きからの人気が非常に高いです。また趣味のスペースとしても使えるため、注文住宅を建てる方の中でも憧れの設備でもあります。

 

ガレージハウスを組み込む場合、大きく分けて以下の3つのタイプに分けられます。

  • 1階部分に組み込むガレージハウス
  • 室内からの鑑賞を目的にしたガレージハウス
  • 土地を有効に活用する半地下のガレージハウス

 

都心などの比較的狭い土地では、1階部分をガレージにすることで駐車スペースを確保できます。十分な広さの土地がある場合は、ガレージのスペースを贅沢に使って車を複数台停められるガレージも作れます。

 

また居住部分の近くにガレージを作って、ショールームのようにガレージ内を鑑賞できる作りにすることもできます。

より土地を有効に活用したい場合は、ガレージを半地下にすることで1階部分のスペースを確保しやすくなります。ただし排水対策や高さ制限など注意点もあるので、設計時にしっかりと確認しておきましょう。

 

ガレージハウスのメリット

ガレージハウスはおしゃれなだけではなく、設置することでのメリットもあります。それぞれ紹介していきます。

 

風雨から車を守れる

屋根や壁など遮るものがない場所に愛車を駐車する場合、雨風の影響を受けて汚れや破損のリスクがあります。台風などの強風で物が飛んできた場合、車にキズがついてしまうかもしれません。しかし屋根や壁に囲われたビルトインガレージであれば、大切な愛車を屋内でしっかりと守れます。

 

防犯性が高い

ガレージハウスであれば、敷地内に車を置けるうえ、シャッターなどで外部からしっかりと守ることができます。愛車をいたずらでキズつけられてしまったり、盗難されてしまったりというリスクを減らせます。

 

限られたスペースでも駐車場所を確保できる

限られた敷地スペースであっても、1階部分にガレージを組み込んだり、半地下にしたりと工夫次第で駐車スペースを確保できます。利便性や安全面を考えてどうしても敷地内に駐車場所を作りたい場合でもうれしいメリットです。

 

乗り降りや荷物の出し入れに便利

ガレージハウスはその名の通り、住宅の中にガレージがあるので天気が悪い日でも雨に濡れずに乗り降りができます。また旅行や買い出しなど、荷物が多くても車から家への導線が短いので出し入れも楽です。

 

DIY・趣味のスペースに使える

駐車スペースとして使う以外にも、普段は使わないスポーツグッズやアウトドア用品を収納するのにも便利です。さらにスペースを確保できる場合は、DIYなど室内ではなかなかできない作業のスペースとしても活用できます。愛車や趣味のグッズを飾る特別なスペースにできることを想像するとワクワクしますね。

 

容積率の緩和措置で税金を抑えられる

ガレージハウスにした場合、ガレージを含めた家の延床面積の5分の1までの広さであれば容積率から除外できます。そのため固定資産税を抑えることができるのです。特に都心部などの土地が高いエリアでは、長期的に駐車場を借りるよりコスト軽減にできることもあります。

 

ガレージハウスのデメリット

メリットの一方でガレージハウスを作る際に知っておくべきデメリットもあります。計画する前にしっかりと理解しておきましょう。

 

居住スペースが減る

当然ですが、建物内に組み込むビルトインガレージの場合、1階部分にガレージを設置するため居住スペースが減ってしまいます。広い敷地であれば気にならないかもしれませんが、都心などの狭い敷地であれば1階部分が丸ごとガレージになるケースも珍しくありません。ガレージがあることで生活にストレスがかからないよう、スペースの使い方はしっかりと計画しておくことをおすすめします。

 

コストが高い

通常の居住スペースとは異なり、ガレージ用の設計に費用がかかるためどうしてもコストが高くなってしまいます。車を出し入れするための広い開口部や、強度を保つ構造設計に加え、シャッターの設置などのガレージ用の設備を追加すれば必然的にコストがかかります。

 

強度を得るための設計が必要

ガレージを設けるということは1階部分に大きな開口部を設置するため、建物の強度を高める対策が必要です。ガレージ内部は柱や壁のように家を支えるものが少なくなってしまいます。そのため、高い耐震性が保てる設計になるよう、しっかりと構造計算をした上で設計するようにしましょう。

 

騒音・換気対策が必要

ガレージ内で車のエンジンをかけることで排気ガスや騒音が発生します。ガレージ内は密閉された空間のため、対策をしないと排気ガスが充満してしまいます。また換気対策が十分でないと、居住スペースに排気ガスが入ってしまうこともあるので、換気扇などでしっかりと空気の換気をしましょう。

また車のエンジン音の他、シャッター音などの騒音も気を付けたい点です。早朝や深夜にガレージを利用する場合、寝室から遠い場所にガレージを設置するなどの配慮も必要です。シャッター音は近所にも影響する場合もあるので、静かなタイプを選ぶとご近所トラブルを避けられます。

 

半地下タイプは排水対策が必要

敷地を有効に活用できる半地下タイプのガレージですが、道路よりも低い位置にあるため雨が降った場合の排水対策が必要です。また大雨や台風の場合、浸水のリスクもあるためハザードマップで問題なさそうかは確認しておくと安心でしょう。

 

失敗しない!ビルトインガレージを作る際の注意点

メリットも多いガレージハウスですが、失敗しないためにも注意しておきたい点があります。特に注文住宅でガレージを作る場合、設計時に注意する点や将来の生活スタイルまで視野にいれておく必要があります。ビルトインガレージを作る際に注意すべきポイントを紹介します。

 

固定資産税に注意

ガレージハウスにするメリットでもお伝えした固定資産税ですが、容積率から除外できるのは延床面積の5分の1までです。逆に5分の1以上になった場合は容積率の対象となり、固定資産税を支払わなければいけません。

こだわりのスペースに熱が入って、気づいたら固定資産税の対象になって思っていたより経費がかさむということになりかねません。そうならないためにも、プラン段階で毎回しっかりと確認しましょう。

 

後でビルトインガレージを作るのはコストがかかる

新築時は予算オーバーだから将来ビルトインガレージを作ろう。と考えている場合は注意が必要です。

家をリフォームしてガレージを作る場合、耐久構造や間取りによっては設置できない可能性もあります。またリフォームでガレージが作れる場合でも、新築時以上に費用がかかってしまう点は知っておきましょう。

もし将来的に設置を考えているのであれば、家を建てる際にあらかじめガレージを想定した構造や間取りにしましょう。

 

将来的な車の買い替えを想定する

愛車に合わせて設置したガレージも、将来的な車の買い替えを想定していないとガレージに入らないといった状況になりかねません。家族が増えた場合や、状況に応じて使用する車のサイズや形状も変わることでしょう。将来のライフプランを想定して、ガレージのサイズを決めると後々後悔しません。

また昨今の時代の流れとして電気自動車が主流になることを考えると、現状では乗っていなくても将来の買い替え時に電気自動車になる可能性は非常に高いといえます。ガレージを作る際に一緒にコンセントを設置するか、あとから設置できるように準備しておくことをおすすめします。

 

レンガの注文住宅で叶える素敵なガレージハウスの事例

注文住宅ならではのこだわりのガレージハウス。レンガの住宅はデザインと機能性を兼ね備えたガレージを作れます。こだわりの素敵なガレージハウスの事例を紹介していきます。

 

こだわりの詰まった趣味のスペースにした事例

ガレージスペースはやはり愛車を思う存分楽しむスペースにできるのが憧れですよね。自分の趣味のグッズや好きなものだけに囲まれると、秘密基地が出来たみたいでワクワクするのではないでしょうか。

 

こちらのガレージは重厚なレンガ造りの外壁で出来たガレージと、愛車のクラシックカーがマッチした非常におしゃれでこだわりを感じるデザインです。

 

ガレージ内部は広々と作られていて、まるで室内のようにキレイにデザインされています。タイルが敷きつめられた床にはクラシックカーが映えていますね。奥の飾り棚にはコレクションやパーツが並び、まさに自分のための趣味の空間ですね。

 

おしゃれなガレージドアで家全体をデザイン

ガレージのシャッターというと無機質なものをイメージするかもしれません。価格や機能性、デザイン性を考えると様々な選択肢がありますが、家の一部としてデザインを取り入れることで高級感や重厚感を表現できます。

 

ガレージとは思えない重厚感のある木製のガレージドアです。つや感や木の質感の洗練されたデザインが家全体にマッチして、まるで海外のお宅のようなおしゃれさを感じさせてくれます。

 

こちらのお宅は上品で控えめなレンガの外壁に、深みのあるグリーンの色味がポイントとなるガレージドアが印象的です。大きめの窓がついた両開きのドアになっており、一見するとガレージとは思えないようなおしゃれなデザインです。

ガレージは開口部が広く家の印象にも関わるので、ぜひこだわって欲しい場所の1つです。

 

オープンインナーガレージの事例

秘密基地のような密室のガレージも憧れますが、利便性や換気面を考えるとオープンガレージも検討したいデザインですね。

 

こちらは広々と開放的なガレージ空間に車があるので、閉塞感なく敷地内が広々と見えますね。雨に濡れずに乗り降りできるガレージのメリットは残しつつ、換気性や開放感を兼ね備えた機能的なガレージです。

 

室内からものぞけるこだわりの間取り

お気に入りのガレージスペースが完成したら、ガレージにいない時も楽しみたいですよね。注文住宅であれば室内から愛車や趣味のスペースを鑑賞できるように作ることもできます。

 

ショールームのようにガラスで室内とガレージを仕切るパターンもありますが、こちらのお家はより生活に溶け込むように工夫しています。カントリー風のおしゃれな玄関の左手にあるステンドグラスの小窓からは、ガレージを覗けるようになっています。ガレージとつながる窓があることで玄関を広く見せられますね。生活の中で趣味のスペースを覗き見できるのも、ちょっとした楽しみになりそうです。

 

まとめ

このようにガレージハウスはデザインの好みや敷地の広さ、ガレージの目的によって選ぶ楽しみがあります。夢と憧れの詰まったスペースであると同時に、メリットも多いガレージハウスは注文住宅を建てるのであればぜひ検討してみたいですね。

一方でガレージハウスは間取りや構造面など綿密な設計計画が必要です。ケンブリッジは豊富な注文住宅の設計経験と、お客様の希望を叶える提案力で理想のガレージハウスのお手伝いができます。ご相談はお気軽にお問合せください。