外壁のメンテナンスは費用がかかる!費用を抑える方法は?

憧れの戸建て住宅を新築で建てた後、考えなければいけないのがメンテナンスです。特に外壁は外の雨風にさらされているため、いつかはメンテナンスしなければいけません。マイホームをキレイに保つためにかかる費用についてご紹介していきます。

 

外壁のメンテナンス時期は?

住宅の外壁は必ずメンテナンスの時期が訪れるものです。外壁は紫外線・雨風・揺れ・気温の変化が起こす収縮など、大なり小なり日々ダメージを受けています。劣化した外壁を放っておくと、外観が損なわれるだけではなく、機能面にも支障が出てしまいます。

一般的に外壁のメンテナンスは10年が目安と言われています。しかし10年はあくまで目安の期間であって、実際には使用している外壁の素材によって耐用年数は大きく異なります。素材以外にも塗装に使う塗料の種類によっても違うのです。ご自身の住宅に使っている外壁材を確認し、必要なメンテナンスを検討しましょう。

また、外壁材の耐用年数が経っていなくても、目視で明らかに劣化が確認できればそれはメンテナンスの時期といえます。外壁はメンテナンスの範囲も広く費用もかかるため、メンテナンスの時期は事前に計画しておきましょう。

 

外壁メンテナンスのサイン

耐用年数だけではなく、見た目による外壁の劣化もメンテナンスのサインです。放置すると雨漏りなど生活面に影響があるだけではなく、家の安全性にも関わる場合もあります。また深刻な状況になると高額なリフォームが必要になるケースもあるため、早めにメンテナンスのサインに気づいて対処をしましょう。

 

塗装のはがれ

外壁の塗装の耐久性がなくなると、塗膜がボロボロと剥がれ落ちてしまいます。家の外観を損なうだけでなく、塗装による外壁の保護がなくなるため雨水が侵入してくる恐れがあります。剥がれてきた塗装をきれいに取り除き、新たに塗装が必要です。劣化によって塗装が全て剥がれ落ちてしまう前に対処するようにしましょう。

 

チョーキング

外壁塗装の耐久性がなくなり劣化すると、外壁を触った際に白い粉がつくことをチョーキングといいます。防水性が切れて、外壁に雨水がしみ込んでしまう恐れがあります。建物の内部が傷んでしまう前に、早めに塗り替えをしましょう。

 

カビ・コケ

外壁塗装の耐久性がなくなり、塗膜の防水性が切れるとカビやコケが発生してしまいます。繁殖すると根を張ってしまうため、外壁の痛みが進んでしまいます。雨の多い地域や、日当たりの悪い家は特に気をつけましょう。

 

ひび割れ

外壁の塗装に使った塗料が乾燥し、クラックと呼ばれるひびが出来てしまいます。ひび割れてしまうと割れ目から雨が侵入し、家の内部の腐蝕など劣化を進めてしまいます。またクラックを放置すると建物自体がゆがむことでさらにクラックが大きくなり、非常に危険な状態になります。クラックはコーキング剤で埋めてから塗装することが必要です。

 

外壁の破損

外壁が破損してしまい、家の内部構造がむき出しになってしまう状況は非常に危険です。家の内部構造の劣化を進め、家の安全性にも関わります。破損があると塗装など簡易的な対処では修復は難しく、素材の張り替えなどが必要になります。破損を発見したらすぐに対処しましょう。

 

メンテナンス費用を抑える方法

外壁のメンテナンスは対応する範囲が広いため、費用が高くついてしまいます。外壁の傷み具合や使用している外壁材によって変わりますが、おおよそ100万円単位でかかってしまうことは覚悟した方がよいでしょう。少しでもメンテナンス費用を抑えるためにはどうしたらよいか、解説していきます。

 

安いメンテナンス方法を選ぶ

外壁のメンテナンスの方法は主に3つの手法があります。

  • 外壁塗装
  • カバー工法
  • 外壁材の張り替え

 

外壁の塗装は最も費用を抑えられるメンテナンスです。外観の汚れや劣化も、塗装を塗り替えることで対処できます。しかし大きなひび割れや、外壁材の中を浸食するような劣化は塗装だけでは補修ができません。塗装のみのメンテナンスでコストを抑えたい場合は、住宅の劣化が軽度の状況になるよう、早めにメンテナンスを心がけましょう。

 

カバー工法とは現在使っている外壁の上から新しい外壁を重ねて張り付けるメンテナンス方法です。メンテナンス費用は塗装よりも高く、目安として塗装の1.5~2倍ほどになります。塗装では難しい大きなひび割れなどにも対処できます。また外壁が二重になるので断熱性など機能面が向上する一方で、外壁全体の重量が増すため耐震性が低くなってしまうので注意が必要です。

 

外壁材の張り替えは、現状の外壁材を外して新しい外壁に張り替えるため、最も規模は大きくなります。メンテナンス費用も塗装と比べて2~3倍ほど高くなることを見積もっておきましょう。

 

どのメンテナンス方法を選ぶとしても、外壁の劣化状況によっては想定以上に費用がかかってしまいかねません。日ごろから定期的に外壁の状況をチェックし、早めにメンテナンスできるようにしましょう。

 

自分でメンテナンスする

専門の業者にメンテナンスを依頼すると費用がかかるという理由でDIYでメンテナンスを検討する方もいるかもしれません。結論からお伝えすると、メンテナンスは業者に依頼することをおすすめします。

外壁の洗浄などのごく簡易的なメンテナンスであれば、専門知識を持たない人でも問題ありません。洗浄だけでは外壁を十分な状態に保つことは難しいですが、こまめな洗浄でメンテナンスの期間を延ばすことが出来ます。

しかし洗浄以外のメンテナンス作業はDIYすることは基本的には止めておきましょう。部分補修や張り替えなど、専門知識がないまま適切な作業ができないと、雨漏りなど補修が十分にされず失敗してしまう可能性があります。その場合新たに業者に依頼することになりますが、DIYで手を加えてしまったために費用がかさむということになりかねません。

最初からDIYでやることは考えず、大手業者のような費用がかさむ業者ではなく、地域で信頼のおける業者に頼むなどで施工費用を抑えるようにしましょう。

 

メンテナンスがかからない素材を選ぶ

メンテナンス費用を抑える最も効果的な方法は、メンテナンスがかからない素材を選ぶことです。新築時はどうしても初期費用を抑えるために、安い素材を選んでしまいがちですが、今後何十年とメンテナンス費用がかかることを考えると、外壁の素材選びはしっかりとこだわることをおすすめします。

完全なメンテナンスフリーの素材はありませんが、メンテナンスの手間がほぼかからない耐久性の高い素材があります。

  • 樹脂系サイディング
  • タイル
  • レンガ

 

樹脂系サイディングはサイディング素材の中で最も耐久性が高く、上記素材の中では最も費用も安いです。塩化ビニル樹脂でできていて耐久性があるのと、シーリングなしで施工できるため、通常のサイディングと比べてメンテナンスの手間がかかりません。

 

タイルは雨や汚れにも強く、30年前後の耐久性があるといわれています。しかしタイルを接着している材料や、目地は10年ほどでメンテナンスが必要です。タイルの素材自体の耐久性は優れていますが、それ以外のメンテナンスがあることは頭に入れておきましょう。

 

3つの素材の中でも最も耐久性があるのがレンガの外壁で、レンガの寿命は100年以上と言われています。実際に海外のレンガの家は100年以上前に作られたものが現在でも残っています。レンガは耐震性・耐火性などの機能にも優れ、外断熱効果で夏は涼しく冬は温かく過ごせるため非常に優秀な外壁素材です。また、レンガは経年による色の変化や汚れも美しく、味のある深みが増すので、そういった意味でもメンテナンスコストのかからない素材といえます。ただしメンテナンス費用がかからない反面、初期費用はかかってしまうため、レンガ素材のメリットをしっかりと理解したうえで計画しましょう。

 

まとめ

外壁のメンテナンスは、今後何十年と住むうえで必ず考えなければいけません。費用をなるべき抑えるためにはこまめなメンテナンスと、耐久性の高い素材を選ぶことが重要になってきます。特に耐久性の高い外壁材は、高度な施工技術が必要な場合も多く、専門知識をもった業者を選ぶことが大切です。

ケンブリックは数多くのレンガの注文住宅を手がけており、専門知識と柔軟なご提案でお客様の希望に寄り添うことができます。またレンガの住宅を建てた実際にお家の見学も可能なので、経年の状態やメンテナンスについて実際の声を聞くこともできます。ぜひお気軽にご相談ください。