地震に強い「レンガの家」を建てるためのポイント

レンガの家は地震に弱いイメージがある方も多いかもしれませんが、レンガ自体の耐久性の高さと工法を組み合わせることで地震に強い家にすることができます。それ以外にも地震に強い家にするためのポイントがいくつかあるため、レンガの家でできる地震対策と共にご紹介していきます。

 

◼ 地震に強い家にするためのポイント

日本は地震の多い国なので、家を建てる際には耐震性に留意しておきたいものです。そこで地震に強い家にするためのポイントをいくつかご紹介します。

 

・耐震等級

耐震等級とは、住宅性能評価制度において、地震が起きた際の建物の倒壊しにくさや損傷の受けにくさを評価して等級づけされた基準のこと。数字が大きい方が耐震等級が高いということになります。

 

耐震等級1

耐震等級1は、数百年に一度(震度6〜7程度)で倒壊や崩壊しないことが基準となっています。建築基準法の耐震基準を満たす一般的な家なので、「耐震等級1でも十分なのでは?」と思われるかもしれませんが、倒壊しなかったとしても大規模な補修が必要なほどの損傷を受けてしまう可能性が残ることを頭に入れておきましょう。

 

耐震等級2

耐震等級2は、耐震等級1で耐えられる地震の力の1.25倍の力が加わっても倒壊や崩壊しない程度のこと。損傷を受けることはありますが、大規模な補修の必要はないように設計されます。

 

耐震等級3

耐震等級3は、耐震等級1の1.5倍の強さがある家のことをいいます。震度6〜7の地震で倒壊・崩壊しないことはもちろん、損傷を受けたとしても少しの補修程度で済むように設計されます。

 

・耐震構造

耐震構造とは、地震の揺れに耐えて倒壊を防ぐ構造のこと。柱や梁、壁、建物自体を頑丈にすることで、地震の揺れに耐えられるようになっており、ほとんどの一戸建て住宅で耐震構造が採用されています。

 

制震構造とは、建物の壁の中などに、揺れを吸収する装置を組み込んだ構造のことをいいます。3階建て以上のマンションで採用されることが多いですが、制震装置がオプションとして一戸建てで用意されていることも。

 

免震構造は、建物と土台の間に備えられた装置が地震の揺れを吸収することで、揺れそのものを建物に伝えないようにする構造のこと。

 

・工法

家の工法にはさまざまな種類がありますが、日本の一戸建てのうち最も一般的な木造住宅について工法をご紹介します。

 

2×4工法

2×4工法とは2インチ×4インチの木材で作った枠組みとパネルを組み合わせていく工法のことで、枠組壁工法とも呼ばれます。床や壁、天井の6面を一体化させていることから地震の力を分散させることができます。

 

木造軸組工法

木造軸組工法とは、柱や梁、土台を軸組にして構成する工法のこと。日本で昔から用いられているやり方なので在来工法と呼ばれることも。構造合板や筋交いによって耐震性を保つことができます。

 

木造軸組工法のうち、在来工法の弱点を補う方法として金物工法というやり方も。在来工法よりもコストは高くなってしまいますがより耐震性の高い家にすることができます。

 

木造ラーメン工法とは、鉄筋コンクリート造りでよく使用されるラーメン構造と木造を組み合わせた方法。特殊な方法なので施工できる業者が少ないというデメリットはありますが、非常に耐震性の高い家を建てることができます。

 

・地盤や基礎

耐震性を高くするためには、しっかりした地盤や基礎も大切です。せっかく耐震性の高い工法や設計で家を建てたとしても、地盤が緩かったら家が傾いてしまうこともあります。

 

そのため家を建てる前にはどのような地盤であるか入念に調査を行う必要があります。地盤改良の必要がなければ地盤調査や改良のための費用がかからないため、土地の購入前に情報をしっかり集めることをおすすめします。

 

家の基礎にはベタ基礎と布基礎の2種類があります。ベタ基礎とは、鉄筋を入れたコンクリートで基礎を作り、大きな面で家を支える方法。面で支えることから建物自体に重量があったとしても耐えることができます。

 

面で支えるベタ基礎に対して、点で支えるイメージなのが布基礎。鉄筋も入らず厚みも少ないため、ベタ基礎よりも耐震性が劣るかもしれません。

 

◼ レンガの家でできる地震対策

耐震性の高い家のポイントをご紹介してきましたが、レンガの家を建てる際にできる地震対策についてご紹介します。

 

・揺れに強い形状

地盤や基礎がしっかりしていることが前提ですが、家を設計する際には揺れに強い形状にすると地震対策になります。壁が十分に配置された長方形が一番地震に強く、形状が複雑になればなるほど耐震性が低くなってしまいます。積み木などを想像するとわかりやすいですよね。

 

そのため、長方形の建物を建てられるような土地を見つけるのがベストだと言えます。

 

・壁の量や壁の配置

地震による力が家に加わった際、壁の量や壁の配置によっても衝撃の受け方が変わってきます。

 

例えば、北側にはトイレや収納スペースなどの仕切りが多い空間がまとまって配置され、南側は広いLDKや大きな窓ばかりといった間取りの場合、地震が起こると南側だけが動いてねじれが起こってしまうことも。それが原因で倒壊や崩壊につながる可能性もあるため、壁の量や配置は均等にするようにしましょう。

 

・家具や棚の固定

家を建てる際のポイントとは異なりますが、家を建てたあと家具や棚を配置する際には、地震を想定してしっかり固定することも大切です。

 

家自体が無事だったとしても、家具や棚が人の上に倒れてきてしまうと非常に危険。家具や棚の固定は面倒に感じられるかもしれませんが、家を建てたタイミングで全て見直すことをおすすめします。

 

・万が一に備えた準備

地震が起こった場合、どのような状況になるのか具体的に想像するのは難しいかもしれません。家の中にいた方が良いのか、外に逃げた方が良いのか、家の周りの環境や地震の程度などさまざまな要因が絡んでくるため一概には言えません。

 

しかし万が一地震が起こったとき、同時に停電や断水が起こったとしても生活を続けられるような準備をしておくことも大切な対策の一つ。対策をしていないことで後悔することだけは避けたいので、万が一に備えた準備はしっかり行なっておくようにしましょう。

 

◼ 地震に強いレンガの家を建てられる業者を選ぼう

レンガの家を建てようと思っている場合、耐震性が気になる方も多いのではないでしょうか。レンガはそもそも素材の耐久性が高いですが、工法や設計によってレンガの家の耐震性は変わってきます。

 

そのため地震に強いレンガの家を建てるためには、業者選びも重要。ケンブリックでは、2×4工法と木造軸組工法を組み合わせて耐震性の高さを実現しています。

 

◼  まとめ

「レンガの家を建てたいけど、耐震性が不安…」という方も多いかもしれませんが、工法や設計次第で耐震性の高い家を建てることができます。耐震性の高い家にするためのポイントをまとめた上で、レンガの家でできる地震対策についてご紹介してきました。

 

耐震性の高いレンガの家を建てるためには業者選びも重要になってきますが、工法や設計にこだわって耐震性の高い家を建てられるような業者を選ぶようにしましょう。ケンブリックでは素材自体の耐久性を活かして、耐震性の高いレンガの家を建てることができます。レンガの家をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。