レンガの家で経年変化を楽しむ

東京駅や横浜の赤レンガ倉庫、富岡製糸場など、歴史的な建築物を見ると、その重厚感や荘厳さに圧倒されることがありますよね。これらのレンガづくりの建物を見たときに心動かされる方の中には、マイホームを建てる際にレンガの家にしたいという憧れがある方もいるかもしれません。

 

歴史的建築物は、年数を経ているからこその深みや魅力があるもの。レンガの家でも同じように年数が経つにつれて深みが増していきますが、経年変化の魅力についてご紹介していきます。

 

◼ レンガの家とは

レンガは、粘土や頁岩、泥など型に入れて、窯の中で高温で焼き固めて作られた素材。土の中に含まれる鉄分が、焼き固める過程で酸化して赤茶色に変化するのが見た目の特徴。

 

自然素材でありながら、耐久性や耐水性、断熱性といったさまざまな特性があり、歴史的建築物が100年以上維持されていることを考えると品質やコストパフォーマンスに優れた建材だといえます。

 

・レンガ積みの家

レンガの家の中というとレンガを積み上げて建てる家が代表的。ただレンガを積み上げるだけでは耐久性に不安が残るため、レンガの中に鉄筋やステンレスを通し、外壁の下地とも緊結させて施工していきます。

 

レンガの積み方は、地面に垂直となる方向に目地が一直線に並ばないようにするのがポイント。

レンガの細長い面である「長手」と正方形に近い形の面である「小口」を交互に並べていくフランス積み、一段ずつ長手だけの段と小口だけの段を積み上げていくイギリス積み、小口だけを使った小口積みなど積み方の種類によって特徴が異なります。

どの積み方であっても、職人さんが一つ一つ積んでいくレンガ積みの家はとても魅力的です。

 

・レンガ張りの家

レンガの家には、レンガを積み上げていく方法だけではなく、本物のレンガを薄くスライスしたスライスレンガを外壁の表面に固定して建てる方法もあります。

 

レンガ積みの家のように一つ一つ積み上げていくわけではないので、施工しやすく期間も短く済みます。レンガ積みの家と比べると耐久性は落ちてしまいますが、レンガと同じように年数が経つにつれて味わいが出てくるのが魅力です。

 

・レンガ風の家

レンガのデザインが好きだけど、費用が高くて手を出せないという方はレンガ風の家にすることも。日本で建てられている家のうち約8割を占めるサイディングですが、レンガ風のデザインを選ぶことができます。

 

素材としてはサイディングなので、施工性やコストパフォーマンスが高いというメリットはありつつ、本物のレンガのような質感は再現できないことに注意が必要です。

 

◼ レンガの家の経年変化

レンガの家は耐久性が高く、100年以上維持している建物があるほどですが、経年変化としてどのようなことがあげられるのでしょうか。

 

・味わい深さが増す

レンガの建物を見ると、その重厚感や荘厳さに圧倒されることがありますよね。歴史的建造物の場合、建物そのものの大きさや背景にある歴史によって雰囲気が増幅されていることもありますが、経年変化によるものもあります。

 

レンガの家も歴史的建築物のように、年数が経つことで味わい深さが増していきます。新築時ももちろん美しいですが、経年変化によって味わいが増し、より重厚感のある佇まいに変化していきます。

 

家は建てたときがピークで、だんだん劣化していくだけというイメージがある方もいるかもしれませんが、レンガの家に限っては変化を楽しみながら住み続けられるのが一番の魅力だといえます。

 

・家の周りを親しみのある景観に

レンガの家は赤茶色や濃い茶色などが一般的ですが、アイボリーやベージュ、ピンクなど淡い色味のレンガもあります。ナチュラルな家のレンガを選ぶと、家の周りを親しみのある景観にすることができます。

 

赤茶色や濃い茶色は重厚感や荘厳さといった言葉がぴったりですが、淡い色味のレンガは経年変化で味わい深くなってもナチュラルさは良い意味で残ったまま。むしろあたたかみのある高級感へと変化していき、住宅街の雰囲気を親しみのある景観にしてくれます。

 

・メンテナンスが不要

家の外壁は塗装などの定期的なメンテナンスが必要ですが、レンガの家では塗装によるメンテナンスの必要がありません。外壁は年数が経つにつれて劣化が進むため、外壁を保護するために塗装を行いますが、レンガの家はむしろ年数を経るごとに味わいが増していきます。

 

家を建てる際は高額な費用が必要ですが、建てたら終わりではなく実際はメンテナンス費用を積み立てておきたいもの。しかしレンガの家では定期的なメンテナンスの必要がないためランニングコストを大幅に抑えることができます。

初期費用こそかかってしまいますが、メンテナンス費用がかからないのは嬉しいポイントですよね。

 

◼ 起こり得る経年劣化

レンガの家は塗装によるメンテナンスの必要がないとはいえ、コケや藻が生えたり目地が劣化したり、ひび割れたりすることもあります。コケや藻が発生した場合は、薄めた次亜鉛酸などで洗浄を行います。

 

レンガを積むときにはモルタルを使用しますが、目地部分が劣化した場合は、目地剤をすり込んだり中性化を防止する塗剤を塗ったりする必要があります。

 

一般的な外壁でのひび割れは、塗膜の表面だけがひび割れたヘアークラック、構造部分まで進行した構造クラックに分けられます。しかしレンガの家では表面だけのひび割れということはほとんどなく、奥まで貫通していることが多いため、適切な補修を行わなければなりません。

 

塗装によるメンテナンスが必要ないとはいえ、たまに外壁を見て劣化が進んでいないかどうかをチェックするようにしましょう。

 

◼ 経年変化を楽しめるレンガの家を建てよう

レンガの家は自然素材で作られていながら耐久性や断熱性、耐水性などに優れています。それだけではなく、年数が経つごとに味わい深く魅力が増していきます。一度建てると長い間住むことになるマイホームは、経年変化を楽しめるレンガの家を選んでみてはいかがでしょうか。

 

レンガの家とアイアンの装飾がおしゃれな家

重厚感のあるレンガの家

こちらの事例では、レンガ造りの外観に合わせてアイアン製の飾りを付けています。重厚感があるだけではなく、スタイリッシュな印象にも。夜になると家の中の明かりによってレンガの壁の凹凸が照らされてお城のような表情を見せてくれます。

 

アイアン製の門を入るとエントランスの前まで車が入れるようなアプローチが伸びています。家の中は白を基調としながらも大理石の床やアンティークのテーブルセットなどの家具がアクセントになっています。リビングは吹き抜けになっているおり開放的な空間を演出しています。

実際の事例はこちら

 

魅力的なアプローチのある家

白とのコントラストが素敵なレンガの家

こちらの事例は、外壁一面がレンガとなっており重厚感のある家に仕上がっています。門から玄関までの緑やお花に囲まれたアプローチも素敵です。家の中もカーテンやラグ、ソファなど高級感のある家具がたくさんあり、落ち着きのある雰囲気。異国に来たかのようなレンガの家をご検討の際はぜひチェックしてみてください。

実際の事例はこちら

 

 

◼  まとめ

レンガの家にはたくさんの魅力がありますが、中でも今回は経年変化についてご紹介してきました。年数が経つごとに劣化が進むことの多い外壁ですが、レンガの家では味わい深さが増していきます。塗装によるメンテナンスは必要ありませんが、コケや藻、目地の劣化、ひび割れなどが起こらないように定期的にチェックするようにしましょう。

 

レンガの家は施工を依頼できる業者が限られているますが、ケンブリックでは多くの施工実績や施工技術に基づいてレンガの家を施工しております。お客様のご要望をお伺いした上で、最適なプランをご提案させていただきますので、レンガの家を建てたい方はぜひお気軽にご相談ください。