レンガの家で平屋を建てる|平屋のメリットとデメリット

一階建ての家である「平屋」。昔懐かしいイメージが強いかもしれませんが、近年若い世代からの人気が高まっています。また日本風の住宅だけではなく、レンガの家のような洋風な家にも平屋を採用することができます。平屋のメリットとデメリットを知った上で、レンガの家で平屋を建てることを検討してみてください。

 

◼ 平屋とは

平屋とは一階建ての建物のことをいい、日本で昔から採用されてきた建築方式です。平面的に部屋を配置していく間取りなので、2階建てと比べて広い敷地が必要になります。そのため都市部や市街地で平屋が建てられることは少なく、郊外に建てられることが多いのが特徴です。

 

メリットとデメリットの項目で詳しくご紹介しますが、構造が単純であり重心が低いことから耐震性が高く、階段がないことによるメリットもたくさんあります。二階建て以上の家よりも広い敷地が必要なので、家を建てるエリアによっては高級住宅と位置付けられることも。理想の条件や予算、立地などを総合的に考えた上で平屋にするかどうかを決めるようにしましょう。

 

◼  平屋のメリット

なんとなく平屋に魅力を感じているという方も多いかもしれませんが、実際に住むにあたってどのようなメリットがあるのでしょうか。平屋のメリットをたっぷりご紹介します。

 

・階段がない

一階建ての建物である平屋は階段がないのが1番の特徴。二階建てや三階建ての家には必ず階段がありますが、平屋では日常生活において階段の登り下りをする必要がありません。一階建てなのだから当然だと思われるかもしれませんが、洗濯や掃除などで毎日階段を登り下りする生活と、階段を使わずに家事をできる生活を比較すると圧倒的に負担の違いが出てきます。

 

今は階段が苦痛でなく感じている場合でも、老後まで住み続けることを考えると階段がなくて済むのであればない方が安心ですよね。バリアフリーを実現したい方にも平屋はぴったりの建築様式だといえます。また小さいお子様がいらっしゃる場合も階段がないのは安心につながるはず。

 

・耐震性が高い

地震大国である日本では、家づくりにおいて耐震性が気になる方も多いのではないでしょうか。一般的な二階建てと平屋を比較すると、平屋の方が重心が低いため安定した構造になっています。豆腐を想像していただけると分かりやすいですが、豆腐を二段に重ねて揺らした場合と、平置きした状態で揺らした場合では揺れへの耐性が異なりますよね。そのため同じ強度で設計したとしても平屋の方が耐震性が高いといえます。

 

・天井を高くできる

二階建ての家では平均的な天井の高さが「2,350mm〜2,500mm」と言われています。対して平屋は「2,500mm〜3,000mm」が平均となっているため、天井を高く設定できるのもメリットの一つ。低く設定することもできますが、天井の高い開放的な空間にしたい場合はメリットだといえます。

 

・生活動線が良い

平屋は階段の登り下りが必要ないこともあり、生活動線の良い家にしやすいのもメリットの一つ。間取りにもよりますが、水回りをまとめておくことで家の中で動き回ることなく家事を済ませることができます。ポイントとしては玄関を家の中心に近い位置に設けること。どの部屋にもスムーズに移動できる間取りを考えるようにしましょう。

 

・家族とのコミュニケーション

ワンフロアで生活を完結させられる平屋では、必然的に家族と顔を合わせる機会が増えるためコミュニケーションを取りやすい構造だといえます。玄関の近くに階段がある間取りだと、お子様が帰宅した後すぐに自分の部屋に入ってしまうということもありますよね。個人の時間も必要ですが、家族で顔を合わせる機会が減ってしまうのは寂しいものです。自然を顔を合わせられる環境を作るという意味で平屋は魅力的な構造だといえます。

 

◼ 平屋のデメリット

平屋にはたくさんのメリットがあることが分かりましたが、デメリットもあります。平屋を検討している方はメリットとデメリットどちらも考慮した上で選ぶようにしましょう。

 

・広い敷地が必要

平屋で快適に暮らすためにはある程度の広い敷地が必要になります。狭い敷地に平屋を建てようと思うと必要な生活スペースを確保できなかったり、窮屈な暮らしを送ることになったりしてしまうためです。家族のライフスタイルを想像しながら、理想を実現するためにはどのくらいの敷地が必要かということも計画的に考えるようにしましょう。

 

・周辺環境の影響を受けやすい

平屋を建てるためには広い敷地が必要であることをはじめにご紹介しましたが、敷地の広さ意外にも周辺環境を考慮する必要があります。周りに高い建物が多い場所で平屋を建てると日当たりや風通しが悪くなってしまいます。設計の段階で日当たりや風通しを軽視してしまいがちですが、実際に住み始めてからの快適性に大きく関わってくることを頭に入れておきたいものです。平屋を建てる場合には周辺の建物の高さや条件を把握した上で設計するようにしましょう。

 

・部屋数が少なくなることも

平屋は相当広い敷地に建てる場合を除いて、二階建て以上の家に比べると部屋数が少なくなってしまいます。そもそも平屋はたくさんの部屋数を作る目的ではなく連続的な空間を基本とすることが多いため、平屋を希望する方にとっては部屋数が少ないことはデメリットに感じられないかもしれません。生活動線をコンパクトにできるのが平屋の魅力でもあるため、部屋数が少ないことをデメリットに感じる場合は理想を叶えられるような広い敷地を見つける必要があります。

 

・冷房効率が悪いことも

平屋は仕切りが少なかったり天井が高かったりすることが多いため、冷房効率が悪くなることがあります。その理由として、二階がないため太陽の熱が屋根から家の中へと伝わりやすいことが挙げられます。また一続きになった空間が広かったり天井が高かったりすることで冷気の量がたくさん必要になることも理由の一つ。冷房効率が悪くなると光熱費が上がってしまうため工夫が必要です。

 

◼ レンガの家で平屋を建てる

レンガの家は重厚感や高級感が特徴の一つですが、二階建て以上の建物とレンガが組み合わさることでより重厚感を増します。平屋にレンガを採用すると高さがないため、二階建て以上の建物に比べて重厚感というよりも親しみやすい外観に。

 

平屋はのっぺりとした印象になってしまうこともありますが、外壁がレンガだと凹凸があるためのっぺりとした印象になることもありません。屋根の形や家自体の形、玄関をアーチ状にしたりアプローチに段差をつけたりすることで更に表情豊かな外観に仕上げることができます。門柱や門、外構にも工夫しておしゃれなレンガの平屋を建ててみてはいかがでしょうか。

 

 

 

◼ まとめ

一階建ての建物である平屋は、二階建て以上の家よりも広い敷地が必要になりますが、天井を高く設定したり一続きの広い空間を作ったりと開放的な空間にすることができます。メリットとデメリットがあるため、それぞれ考慮した上で平屋にするかどうかを決断するようにしましょう。

 

平屋は和風なイメージが強いかもしれませんが、レンガの家でも平屋を採用することができます。平屋にすることで重厚感よりも親しみやすい印象に仕上げ、外観に工夫をすることで表情豊かな家にできます。ケンブリックではレンガの家を専門として新築住宅の設計を行なっております。平屋をご検討の方もぜひお気軽にご相談ください。