アパート建築におけるレンガの魅力と実際の事例

アパートの経営をご検討中の方は、新しく建築するアパートをどのような外観にしようか悩まれることもあるかもしれません。アパート経営において内装や設備も重要ですが、賃貸物件をお探しの方にとっては外観の魅力も大きなポイントとなるはず。外観の好みは人それぞれですが、今回はヨーロッパの雰囲気を醸し出すレンガのアパートについてご紹介していきます。

 

◼ アパート建築におけるレンガの魅力

アパート建築にあたって外観のテイストを決める必要がありますが、レンガのアパートにはどのような魅力があるのでしょうか。アパート経営を行うオーナー様にとってメリットとなるレンガの魅力についてご紹介します。

 

・耐久性が高い

レンガ造りの建物の大きな特徴として、耐久性の高さがあげられます。ヨーロッパの有名建築をはじめ、日本でも赤レンガ倉庫や東京駅など昔から愛されている建物にもレンガは使われています。レンガの寿命は100年以上とも言われており、他の外壁材を使ったアパートよりも長持ちさせることができます。ローンを支払った後も長く住み続けられる、アパートとして運用し続けられるため、耐久性の高さはアパート経営において大きなメリットだと言えるでしょう。

 

・メンテナンスフリー

戸建ての住宅でもメンテナンスの頻度が気になりますが、アパート経営においては費用がかかってくる問題なので特に気になる方も多いはず。レンガの建物はメンテナンスフリーであることも魅力の一つ。従来一般的な外壁だったモルタルは8〜10年でひび割れや汚れによって塗装が必要ですが、自然素材であるレンガを使った外壁では定期的なメンテナンスの必要がありません。

 

10年前後に一度のメンテナンスとはいえ、アパートは戸建ての住宅よりも表面積が広いため数百万円はかかってしまいます。メンテナンスフリーであることは費用の削減につながるためアパート経営において大きなメリットだといえるでしょう。

 

・外気温の影響を受けにくい

レンガの建物は家の中の熱を逃がしにくく、外気温の影響を受けにくいという特徴があります。レンガ自体に空いた気泡が空気を含んでおり、それによって家の中の気温を保ちやすいと言われています。そのため夏は家の中で暑さを感じにくくエアコンで冷えた空気を逃がしにくい、冬は寒さを感じにくく、暖房器具で暖めた空気を逃がしにくいというメリットにつながります。

 

・耐火性が高い

レンガは自然素材である土を焼き固めたものなので、耐火性に非常に優れています。外気温の影響を受けにくい仕組みと同じように、レンガに空気が含まれている構造によって耐火性を発揮してくれます。炭素を含んでいないことから燃えにくく、万が一燃えたときでも有害な物質を発生させないことも特徴としてあげられます。

 

・他のアパートとの差別化

街中でレンガの建物を見ると、つい魅入ってしまうことはありませんか?自分好みのテイストとは違ったとしても、何となく魅力的に感じるような雰囲気がありますよね。特に戸建て住宅ではなくアパートにレンガが使われているのは珍しいため、他のアパートとの差別化につながります。アパートを探している方の目に止まったり、不動産会社の方が紹介しやすかったりと、メリットがたくさんあります。

 

◼  アパート併用住宅という選択肢

アパート併用住宅とは、オーナー様の自宅とアパートを併用している建物のこと。アパートとして賃貸に出している部分から得られる家賃収入を住宅ローンの返済に充てることができるため、ローンの負担を減らすことができます。ローンの負担軽減を目的とした若い世代や、子供が独立して空間が余ってしまったことで家を建て替えるというシニア層にも選ばれている方法です。

 

自宅とアパートを併用している建物であるアパート併用住宅は、戸建て住宅とアパートが一緒になっているタイプもあれば、マンションの一部が自宅になっているタイプもあります。どのような設計にするかは、オーナー様の希望に合わせて決めることができます。

 

アパート併用住宅のメリットとしては、住宅ローンが使えることや相続税対策ができることが挙げられます。また敷地が余ってしまうような場合でも、敷地を最大限利用するため無駄なく活用することができます。その一方で入居者が快適に暮らすことができなければ空室リスクが高まってしまい家賃収入が途絶えてしまうことも。アパートとしての需要がある立地かどうか、他のアパートとの差別化を図れているかどうかが重要なポイントとなってきます。他のアパートとの差別化という面でレンガの建物という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

 

◼ レンガのアパート事例

アパート建築におけるレンガの魅力と、アパート併用住宅という選択肢についてご紹介してきましたが、実際にレンガを使ったアパートの建築事例をご紹介します。

 

・レンガを積み上げたアパート

立川市にあるこちらのアパートは本物のレンガを一つずつ積み上げたからこそ出せる重厚感があります。外壁のメンテナンスが必要ないため運用しやすいだけではなく、年月を重ねるにつれてレンガが味わいを増していくため外観が劣化したことで入居率が下がるということも防げます。不動産会社からも「案内したらすぐ決まります」とお声をいただくほど。

エントランスにはアイアンの扉が設置されており、外国のような雰囲気を演出してくれています。奥の扉はオートロックになっているため、安心してお住まいいただけます。

廊下の壁にはスライスレンガを貼り付け、照明も洋風なものを使うことで異国情緒溢れるおしゃれな空間に。

アパートの部屋の中は壁が白、床が濃い木目調になっています。床はカナダから輸入した無垢材を使用しており、広いとはいえない室内ですが内装にご満足いただけています。

バルコニーの内側にもスライスレンガを貼り付けており、カウンターキッチン内から見える景色と内装がバッチリ合っています。

 

実際の施工事例はこちら

 

・ヨーロッパのようなアパート

まるでヨーロッパのような雰囲気で存在感のあるこちらのアパート。三階建てのアパート併用住宅で、1〜2階は女性専用のワンルームアパート、3階がオーナー様のお住まいとなっています。バルコニーからは目の前の公園が見えるようになっており、季節を楽しむことができます。

アパート部分の入り口スペースはこのようになっており、オートロックのアイアンの扉が設置されています。

1〜2階の通路は床に天然石を敷き詰め、壁にはスライスレンガを貼り付けています。外観だけではなく、アパートの専用部分にもおしゃれな装飾が施されているのがポイント。

アパートのワンルームは白を基調として、濃いブラウンがアクセントに。

お風呂はシャワーブースにしてコンパクトながらおしゃれな空間に仕上がっています。

 

実際の施工事例はこちら

 

◼ まとめ

アパート経営をご検討中の方にとって、どのような外観にするかは悩むポイントですよね。レンガ積みの建物にすることで、耐久性の高いメンテナンスフリーのアパートにすることができます。初期費用こそかかってしまいますが、定期的な塗装の必要がないためランニングコストを抑えることができます。その上外観で他のアパートと差別化できるため、空室対策にも。特に女性の心を掴みやすいレンガの外観、アパート建築に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ケンブリックでは、戸建ての住宅はもちろんアパートの建築も行っています。重厚感のあるレンガの建物をご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。