東京での家づくりのポイント|レンガの家を建てるなら

東京は魅力的な街ですが、地価が高いためなかなか広い家を建てるのは難しいですよね。しかしもともと都内に土地を持っていたり、資金に余裕があったりする方は、都内に家を建てることができます。

 

せっかく都内に家を建てるのであれば、レンガの家のように重厚感や高級感で目を引くような家を建ててみてはいかがでしょうか。東京での家づくりとレンガの家についてご紹介します。

 

◼ 東京での家づくり

東京での家づくりを考える際、どのようなポイントに注意すると良いのでしょうか。都内での家づくりは、郊外や地方で家を建てるのとは異なる視点に立つ必要があります。

 

・土地

東京に家を建てる場合、土地がもっとも重要なポイントになってきます。他の地域とは比べものにならないくらい土地代が高いので、狭小地に家を建てることも多いものです。しかし金銭的に余裕がある方は広い土地を用意して家を建てることもできます。

 

土地を選ぶ際には、広さだけではなく、立地や利便性、周辺環境なども考慮する必要があります。東京都内では車を持たない場合も多いため、駅からの距離やスーパー、公共施設までの距離によって利便性が大きく変わってきます。立地が良いほど土地代も高くなるかもしれませんが、実際に住み始めてから不便に感じると後戻りできないので、実際の生活をしっかりイメージしておくようにしましょう。

 

また通勤や通学の時間、道のり、乗り換えなども毎日のことなので重要なポイントですよね。お子様が小さい場合は、公園や図書館、幼稚園や保育園が近くにあるかどうかも重要。区によって子育て支援制度も異なるので、土地を決める前に把握しておくようにしましょう。

 

・生活スタイル

東京で家づくりをするにあたって、家族の生活スタイルに合った家を建てたいですよね。平日の多忙具合や休日の過ごし方によって生活スタイルが変わってくるはず。家に求めるもの、絶対に譲れない条件、などを具体的にリストアップしてみましょう。

 

今の生活スタイルはもちろん、マイホームを建てたあとに実現したい理想のスタイルについてもイメージを膨らませておきたいもの。現実からかけ離れた理想ではなく、マイホームを建てたらこうしたい、という実現できるようなものを具体的にイメージしておきましょう。

 

◼ 東京でレンガの家を建てる

東京での家づくりについてご紹介してきましたが、東京でレンガの家を建てるにあたって知っておきたいポイントをご紹介します。

 

 

・広い土地が必要

東京でレンガの家を建てるためには広い土地が必要です。東京都内で狭小地に家を建てるとなると、建築資材を置くスペースを確保するのが難しい場合も。特に木造住宅だと長さのある木材を置くスペースが必要になるため、都内の狭小住宅では運搬に手間取ってしまうことも考えられます。

 

広い土地があると木材の運搬や建築をスムーズに進めることができるだけではなく、レンガを積み上げる作業も行いやすくなります。

 

・夏も冬も快適に過ごせる

東京は大雪や台風などの被害を受けることはそこまで多くありませんが、近年温暖化によって夏は猛暑、冬は寒い日々が続きます。家で過ごす時間が長いと、エアコンを付けっぱなしにすることも増えてしまいますよね。しかしレンガの家は断熱性や蓄熱性が高いため、エアコンを低い温度に設定して使用しなくても夏は涼しく、暖房を頻繁に付けなくても冬は暖かく過ごすことができます。

 

光熱費を削減できる意味でも、自然の風を感じながら快適に過ごせるという意味でも、レンガの家のメリットだといえます。

 

・耐久性や耐震性の高さ

レンガの家は地震に弱いというイメージがある方も多いかもしれませんが、レンガは歴史的建造物にも多く使われており今も残っているほど耐久性が高い素材です。耐震性に関しては、家の建て方やレンガの積み方によっても変わってくるため一概にはいえませんが、ケンブリックのレンガの家は地震に強い作りになっています。

 

木造軸組構法と2×4工法を組み合わせて強靭な構造を作り上げ、レンガは積み上げるだけではなくレンガには鉄筋を通し、構造と緊結させることで耐震性を高めています。基礎部分にも地盤全体に鉄筋を配筋し、コンクリートを流し込むスラブ一体基礎を採用することで、家の重みをコンクリート面全体で支える構造になっています。このように家の建て方を工夫することで耐震性の高いレンガの家を実現しました。

 

レンガの家をつくる流れ

ケンブリックが建てるレンガの家では、鉄筋を使うことで地震の影響を最小限にすることができます。そんなケンブリックの家づくりの流れをご紹介します。

 

・ご相談や打ち合わせ

家づくりの一番始めは、ケンブリックに興味を抱いてくださったお客様からのご相談です。レンガの家に関する疑問点や資金に関すること、プランについての質問など、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。その際に家づくりの要望や希望するイメージをお伝えいただいたら、プラン作成に向けての打ち合わせを進めさせていただきます。

 

ざっくりしたイメージから細かいご要望まで、思い付く限りお伝えいただければ幸いです。また、ご相談いただく前に家族で理想の家のイメージを共有しておいていただけるとスムーズに打ち合わせを進めることができます。

 

・プランのご提案や設計の申し込み

ご相談いただいたあとに打ち合わせを進めていきますが、現地調査にもお伺い致します。実際の土地の様子を拝見した上で、お客様のご要望に沿ったプランをご提案させていただきます。ご提案させていただいたプランにご納得いただければ、設計を始めるための申し込みをしていただきます。

 

実際に現地調査を行うと、制限が生まれてくる可能性があります。必ずしも理想通りの設計にならない可能性もあるということを頭に入れておいていただけると幸いです。

 

・概算の見積もりや本契約

ご希望のプランが固まった時点で概算の見積もりを出させていただきます。このとき見積書の内容をしっかり読んでいくつかの業者に相見積もりを取るようにしましょう。1つの業者だけでは相場や項目・価格の適切さが分かりにくいためです。相見積もりを取って比較検討した上でケンブリックが良いと思っていただけたらぜひご契約をお願い致します。

 

・色や仕様についての打ち合わせ

ご契約いただいたら、着工に向けて細かい仕様や設備を決めていく段階へと進みます。外観のレンガの色やクロスの色、細かい仕様や設備に関してインテリアコーディネーターと打ち合わせをしていただきます。理想通りの家に仕上がるかどうかがかかっている段階なので、入念に知識を身に付けた上で慎重に決断していくようにしましょう。

 

・着工

全ての仕様が決まったらいよいよ着工となります。ご要望に応じて上棟式なども行いますので、お気軽にご相談ください。着工前には近隣の方へのご挨拶も行いますのでご安心ください。

 

・内覧会やお引き渡し

完成したらお引き渡しの前にお客様に最終チェックをしていただきます。何かご指摘の箇所がありましたらお引き渡しの日までに手直しを行います。お支払いの最終残金を確認した上でお引き渡しとなります。

 

・アフターサービス

家が完成して引き渡しが終わったらそこで関係も終了ということではなく、お引き渡し後も定期点検という形で携わらせていただけたら幸いです。点検時以外でも家のことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

 

◼  まとめ

東京で家づくりを行う際のポイントと、レンガの家についてご紹介してきました。東京では土地を確保するのが難しい場合が多いですが、金銭的に余裕がある方は広い土地にレンガの家を建ててみてはいかがでしょうか。ケンブリックが建てるレンガの家は、耐久性や耐震性に優れており、長い間住み続けることができます。東京でレンガの家をご検討の際は、ぜひケンブリックまでご相談ください。