家を建てる際には耐久性が重要!耐久性の高いレンガの家

家は家族が過ごす空間としての役割はもちろん、物理的に家族を守ってくれる役割も果たしてくれています。そのため家を建てる際には、できるだけ耐久性の高い頑丈なつくりにしたいと思う方も多いのではないでしょうか。耐久性の重要性と、レンガの家の持つ耐久性、耐久性が高いことによるメリットをまとめた上で、長く住み続けるためのポイントをご紹介します。

 

家の耐久性

家を建てることは、一生に一度の大きなイベントですよね。せっかく建てるのであれば、デザイン性や機能性はもちろん耐久性にもこだわって家を建てたいものです。そこで日本の家の寿命や耐久性の重要性について知識を身につけておきましょう。

 

・日本の家の寿命

日本の家では木造住宅が一番多く、鉄骨構造や鉄筋コンクリート構造などの種類があります。木造住宅は寿命が30〜80年、鉄骨構造では30〜60年、鉄筋コンクリート構造では40〜90年が平均となっています。どの構造でも寿命の幅が広く、築30年で寿命を迎える家もあれば100年近く家としての役割を果たすこともあるといえます。

 

日本の家は、戦後に耐久性が低い構造で「質より量」を重視してたくさん建てられてきました。その上耐震基準が改正される前に建てられた家は耐震性も低く、日本の家は寿命が短いイメージがあるかもしれません。しかしこれから家を建てる場合は耐久性や耐震性の高い家にすることができ、メンテナンスによってはさらに長く住み続けることも可能です。年数とともに劣化する箇所はリフォームしながら、どんどん愛着のある家にしてあげてください。

 

・耐久性の重要性

デザイン性や機能性に優れた家が増えてきていますが、そもそも家が崩れてしまっては元も子もありません。せっかく建てた家が崩れてしまうようなことのないよう、きるだけ長く住めるような耐久性の高い家を意識して家づくりを行なってみてはいかがでしょうか。

 

家の耐久性が高いことは、修繕や大規模なリフォームの頻度を減らすこともできます。修繕を何度も重ねた家に何とか住むという形ではなく、丈夫な家であれば適度なメンテナンスと劣化した箇所のみのリフォームで安心して住み続けることができます。安心材料としてはもちろん、メンテナンスコストを抑える意味でも耐久性は重要だといえます。

 

レンガの家の耐久性について

レンガの家は、重厚感のある見た目やおしゃれさに魅力を感じている方も多いと思いますが、実はレンガの家を検討し始めると耐久性が高いことも分かってきます。レンガという素材の持つ耐久性と、レンガという素材を知り尽くした業者だからこそできる積み方による耐久性をご紹介します。

 

・素材の持つ耐久性

レンガは、主な原料である粘土などを頁岩や泥を混ぜて窯焼きにし、圧縮して作られる素材のこと。茶褐色の色味のものが一般的で、焼きムラがレンガ独特の風合いを引き立たせてくれます。高温でじっくり焼き上げられたレンガは、セラミックス化することによって高い耐久性を発揮してくれます。

 

レンガの寿命は100年以上ともいわれており、年数が経てば経つほど深みを増していきます。欧米の家が日本の家よりも寿命が長いと言われているのは、レンガ作りの家が多いことも理由としてあげられます。

 

・積み方による耐久性

レンガは素材そのものの耐久性が高い一方で、レンガを積んで建てた家は耐震性が低いというイメージを持たれている方もいるかもしれません。積み方によっては耐震性が低くなってしまうこともありますが、レンガの家を多数建築してきたケンブリックでは耐震性を高める積み方で家を建てていきます。

 

日本の家では木造住宅、海外の家では2×4工法で建てられることが多いですが、ケンブリックではそれらを組み合わせて構造体を作ります。その上、縦横の鉄筋で緊結したレンガを構造体と一体化させていくため、強靭な構造体となります。このように構造やレンガの積み方によって、耐震性を高めて耐久性をより高くすることができます。

 

耐久性の高さによるメリット

レンガの家は耐久性が高いということがわかりましたが、耐久性の高い家に住むことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

・メンテナンスフリー

レンガの家は耐久性が高いだけではなく、外壁をメンテナンスする必要がないことがメリットとしてあげられます。レンガ以外の外壁だと、素材によっては10年前後で塗装を行う必要があります。塗装を行わなければすぐに外壁がダメになってしまうというわけではありませんが、機能性、美観を維持して外壁を保護するためには定期的な塗装が必要です。その点、レンガの家は塗装の必要がないためメンテナンスフリーだといえます。とはいえ外壁の点検を怠っていて、気が付いた時にはレンガにひびが入ったり壊れたりすることも考えられるので、定期的に点検は行なった方が良いかもしれません。

 

・経年変化を楽しめる

レンガは耐久性が高くメンテナンスフリーであることが分かりましたが、年数を重ねるごとに色合いが少しずつ変わっていきます。塗装を行うわけではないので見た目がガラッと変わることはありませんが、経年変化によって少しずつ変わっていく様子を楽しめるのもレンガならではのメリットだといえます。

 

・資産価値

これまでの日本の多くの住宅では、家を建ててから30年ほどで資産価値がゼロになると言われています。しかしレンガの家はメンテナンス費用がかからないだけにとどまらず、資産価値が高いまま維持することができるのです。親が建てた家を自分たちの代まで受け継いでいきたい、自分たちが建てた家を子供の代まで住み続けて欲しい、などの思いがある場合はレンガの家がおすすめです。

 

長く住み続けるために

耐久性が高いとはいえ寿命は存在します。長く住み続けるためにはそれなりの意識をしておくことが大切。長く住み続けるためのポイントをご紹介します。

 

・日々のお手入れ

レンガの外壁はメンテナンスフリーではありますが、家の美観を保つためにも家の外や中の掃除を行うことが大切です。家の外は外壁をたまに洗ったり、エクステリアを綺麗に保ったり。家の中では毎日の掃除や水回りのお手入れなど、快適に過ごすためには日々のお手入れをしっかり行うようにしましょう。

 

・定期的な点検

日々のお手入れをしていると、家をよく見ることにもつながります。素人目で日々家を見て点検しつつ、定期的に業者に点検を依頼しておくと安心です。何か異常が見つかったときにもすぐに対応できるため、被害を最小限に抑えることができます。部品交換の必要性などプロ目線でのアドバイスをもらえるかもしれません。

 

・保険への加入

家の劣化はメンテナンスや点検で対応することができますが、災害による被害は人間の手で食い止めることはできません。そのため災害への備えとして、保険に入っておくことをおすすめします。住宅ローンと一緒に火災保険に入ることが多いと思いますが、もし入っていない場合は加入を検討してみてください。

 

まとめ

家を建てるときには機能性やデザイン性など気になるポイントがたくさんありますが、耐久性も重視して家づくりを進めたいものです。レンガの家は素材自体の耐久性はもちろん、実績があるケンブリックならではの積み方でより耐久性を高めることができます。レンガの家をご検討の際は、ぜひケンブリックまでご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。