レンガの積み方とは?レンガの家を建てる前に知ろう

明るいレンガの家

レンガの家に憧れを抱いている人もいるかもしれませんが、そもそもレンガの家とはどのようにできているのでしょうか。レンガの生成方法や扱い方、積み方について詳しくご紹介します。レンガの家が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

 

 レンガの生成方法

レンガの外壁

レンガの家ができるまでの過程を知る前に、そもそもレンガの生成方法に種類があることも頭に入れておきましょう。レンガとは、粘土を主な原料として、頁岩や泥などを型に入れて窯焼きし、圧縮して作られる素材のこと。レンガの生成方法には湿式と乾式の2種類があります。

 

・湿式レンガ

湿式レンガは、原料を機械で混ぜ合わせ、押し出し機に入れてところてんのように押し出していきます。これをレンガとして生成するやり方のことを湿式レンガといいます。水分をたくさん含んでいるため、サイズや品質が一定ではないのが特徴。統一感がほしい方にはデメリットに感じられるかもしれませんが、揃いすぎていない自然な感じが好きな方にはぴったりのレンガかもしれません。

 

・乾式レンガ

乾式レンガは、粉末状にした原料をプレスして生成していきます。湿式レンガよりも水分量が少ないため、サイズや品質を一定にしやすいのが特徴。統一感のあるきちんとした印象にしたい場合には乾式レンガがおすすめです。

 

 レンガの扱い方

日本ではレンガというと直方体の形が用いられることが多く、サイズはさまざまな種類があります。レンガと似た素材で「タイル」がありますが、これも粘土も主な原料とする素材で、レンガを模したタイルとして「レンガタイル」が外壁に使用されることも。それぞれ特徴も異なりますが、扱い方も違うのでぜひ参考にしてみてください。

 

・レンガを積み上げる

直方体の形で用いられることの多い本来のレンガは、「積み上げる」方法で建築していきます。レンガはヨーロッパの古い建物でよく使われており、日本でも東京駅や横浜赤レンガ倉庫など文化財として指定されているような建物で使われています。レンガには独特の味わい深さや重厚感があるため、アンティーク調の家にしたい場合などは家の外壁に使用することも。工期や費用がかかってしまうのがデメリットですが、メンテナンスの頻度が少なくて済むなどメリットもたくさんあります。このあとレンガを積み上げる方法について詳しくご紹介します。

 

・レンガを張り付ける

本来のレンガは歴史的な建物で使われることが多く、家に採用することはそこまでありません。日本でレンガの家を建てる場合は、レンガ調のタイルである「レンガタイル」が使われることが多いです。サイズに規格がないためさまざまな形のものがあり、加工性も高いためデザインに幅が出るのがメリット。レンガよりも耐久性が低いため、メンテナンスが必要になることも。レンガタイルは積み上げるのではなく張り付ける工法になるので、このあと詳しくご紹介します。

 

 レンガを積み上げる方法

レンガを使用して家を建てる場合、レンガを積み上げる方法で施工していきます。レンガを積み上げる方法の中にも、外壁そのものをレンガで作る方法とレンガの壁でカバーしていく方法があります。

 

・外壁の作り方の違い

外壁そのものをレンガで作る方法は、文字通り壁の表面はもちろん内部まですべてレンガで作っていくこと。鉄筋なども使いながらレンガを一段ずつ積み上げ、モルタルで補強していきます。レンガの壁でカバーする方法は、基本となる外壁の上から更にレンガの壁を作っていくやり方。下地の上に防水シート、断熱材という基本の外壁を作ったあとで、その外側にレンガを積み上げていきます。

 

・レンガの並べ方

レンガの積み方の種類として、並べ方についてご紹介します。直方体のレンガのうち長い辺で囲まれた面を「長手」、短い辺で囲まれた面を「小口」といい、並べ方によって見た目が変わってきます。レンガの長手だけを見せるように並べていく方法を長手積みであり、一般的にレンガの外壁を想像したときに思い浮かぶ並び方かもしれません。長手積みでは、壁の厚みが小口のサイズに限定されしまいます。次にレンガの小口だけを見せる並べ方が小口積み。一つ一つのレンガの横幅が短いため、直線だけではなく曲線を作りたいときに適した並べ方です。

 

他にも国名を模した並べ方も。イギリス積みでは、長手だけを見せる段と小口だけを見せる段を一段おきに積んでいきます。使用するレンガの数が少なく経済的であるだけではなく、強度が高いメリットも。フランス積みは一段の中でも長手同士、小口同士が隣り合うことのないように交互に積んでいく方法。単調すぎない、きれいな模様を作ることができます。

 

 レンガを張り付ける方法

直方体のレンガではなくレンガタイルを使って家の外壁を作る場合、レンガを張り付ける方法を取ります。レンガを張り付ける方法にも湿式工法と乾式工法の2種類があります。

 

・湿式工法

湿式工法は、温かみのある雰囲気に仕上がるのが特徴。基本となる外壁の上から、レンガを貼り付ける下地となる部分をモルタルで作っていきます。モルタルにレンガを張り付け、隙間をモルタルで埋めていく方法になります。モルタルが水を含ませて使う素材であり、モルタルをたくさん使うことから湿式工法と呼ばれています。モルタルを乾かしながら作っていく必要があるため、施工期間が長くなりやすいのがデメリット。温かみのある雰囲気に仕上げられることや、レンガの配置を自由に決められるためデザインの幅が広いメリットも。

 

・乾式工法

乾式工法は、レンガを規則的に配置するのが特徴で統一感のある雰囲気に仕上げることができます。湿式工法と同じようにまずは基本的な外壁を作り上げ、外壁に設置したレールに沿って接着剤でレンガを張り付けていきます。隙間をモルタルで埋める作業は必要ですが、湿式工法よりもモルタルを使用する量が少なく、速乾性の高い接着剤を使うことから乾式工法と呼ばれています。湿式工法よりも施工期間が短いのがメリット。

 

 まとめ

レンガの生成方法や積み方について詳しくご紹介してきました。レンガの家を建てるにあたって、外壁のデザインを左右する並べ方が気になるという方も多いかもしれません。ケンブリックではこれまでにレンガの家を建てた実績がたくさんあります。実際の事例を見て、どのようなデザインの家にしたいかの参考にしてみてください。

 

・陰影美を追求した表情豊かな家

長持ちする家などさまざまな条件がある中で、レンガ積みの家に決断されました。ピアノを弾かれるとのことなので、家族が集まるリビングでピアノを楽しみながらも音が漏れにくい家になっています。LDKが一体となった使い勝手の良い家をご希望でしたが、使い勝手の良さはもちろん、友達が集まる明るい空間に仕上がっています。

施工事例はこちら

 

・豊かな質感が街に映える家

こちらの事例では、明るめの色のレンガを使用しました。色味だけではなく、アーチ状のエントランスや塀が豊かな表情を演出してくれています。住宅街の中でも、レンガが持つ質感がアクセントに。家の中も壁や床の素材に合わせてインテリアを選ばれたので、外観とマッチするようなシックな雰囲気に仕上がっています。

施工事例はこちら