レンガの家は暑い?危険性も把握した上で暑くない家づくりをしよう

 

レンガの家を検討しているとき、デザイン性はもちろん性能にも注目する必要があります。性能の中でも、家の中で過ごすときの暑さが気になる方もいるのではないでしょうか。特にレンガは堅牢な外壁なので、家の中に熱がこもりそうなイメージがあるかもしれません。そもそも家の中が暑くなる原因は何なのか、暑くなるとどういった危険性があるのか、レンガの家は実際暑いのか?といったことをご紹介していきます。レンガの家をご検討の際はぜひ参考にしてみてください。

 

 家の中が暑くなる原因

賃貸で住む家を何度か引っ越したことがあると、家によって暑さが違うように感じた経験がある方も多いかもしれません。家によって暑さが違う原因、暑くなってしまう原因とは何なのでしょうか。

 

・外壁と内装

家の中が暑くなる原因として考えられるのか、外壁と内装。外壁や内装に使用する素材によって、表面温度や熱の通し方が異なります。表面温度が上がりにくく、家の中まで熱を通しにくい外壁を選ぶと暑さを和らげることができます。また内装も温度が上がらないようなものや熱を逃しやすいようなものを選ぶと良いでしょう。

 

・断熱性

最近は断熱性の高い家が増えていますが、断熱性が高いと家の中の暑さを和らげることができます。断熱性の高い作りにすると冷房効果も上がるため、家の中の温度を快適に保ちやすくなります。光熱費の削減にもつながるため、家を建てる際には断熱性も考慮しながらプランを立てていくようにしましょう。

 

・開口部

家にはドアや窓など、家の中と外をつなぐ開口部がいくつかありますよね。ドアや窓は家にとって必要な箇所ですが、外の熱が入ってくることが家の中の暑さの原因にもなります。そのため家の中が暑くなることを防ぐためには、開口部から入ってくる熱を遮断することが大切です。

 

 家の中が暑くなることの危険性

地球温暖化の影響もあり、日本の夏の暑さはどんどん過酷になっていますよね。一昔前は30度を超えると暑いと言われていましたが、35度を超えることもそう珍しいことではなくなってきました。特に日本は湿度も高いため熱中症のリスクも上がり、毎年熱中症の患者数も増えています。外に出なければ大丈夫ということではなく、家の中にいても気を付けなければ熱中症にかかってしまう危険性はあります。夏の暑さによるリスクを軽減するためにも、家の中が暑くなりすぎず快適な温度を保ちやすい家づくりをしたいものです。

 

 レンガの家は暑い?

夏に家の中が暑くなる原因とその危険性についてご紹介してきました。家の外壁を悩む上で、レンガの家はどうなのか?ということが気になってきますよね。そこでレンガの特徴と断熱性、暑さに関する性能についてご紹介します。

 

・レンガの特徴

レンガの家は重厚感や高級感のある見た目が一番の特徴ですが、耐久性や耐火性など性能面でも優れた外壁です。耐久性においては、メンテナンスの必要がなく年数を重ねるにつれて味わい深さを増していきます。またレンガは土を原料として焼き上げて作られる素材なので、耐火性にも優れています。炭素を含んでいないため、燃えにくいだけではなく万が一燃えてしまっても有害物質を発生させないことも特徴の一つです。

 

・断熱レンガ

レンガの外壁は他の外壁材よりも熱を伝えにくく、逃さず溜め込む性質があります。外壁にレンガを使用することで、断熱材を使用しなくても夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。ケンブリックではより断熱性能を高めるために、木造住宅で使用できる断熱材のうち要望に合わせた断熱材を使用したプランをご提案いたします。

 

・湿度を調節してくれる

レンガは湿気に強く、湿度を調節してくれる効果があります。コンクリートの外壁が水分吸収率15%以上であるのに対して、レンガは10%以下。湿度の高い日本において、外壁が湿度を調節してくれるというのはとても嬉しい効果ですよね。湿度が下がるだけでも、実際の気温より涼しく感じるため快適に過ごしやすい家にすることができます。

 

・蓄熱性に注意が必要

レンガは断熱性が高い特徴を持つ一方で、外壁に熱を溜め込む蓄熱性という特性も持ち合わせています。熱を逃しにくいため、日中に熱を溜め込んで夜になってもレンガが熱を持ち続けるという現象が起こってしまいます。そのため冷房を使用すれば問題はありませんが、夜でも外気温が下がるのに対して家の中が暑くなりやすい傾向にあることを頭に入れておきましょう。

 

 レンガの家の建築事例

レンガの家が暑さに強いことが分かりましたが、実際にケンブリックが手がけたレンガの家の建築事例をご紹介します。

 

・グレーのレンガの家

こちらのお宅ではオーストラリア産のグレーのレンガを使用し、赤っぽいレンガの家とはひと味違った雰囲気の外観となっています。外構にもレンガやアイアンを使うことで統一感を出し、土地の高低差を活かして階段を上るアプローチに仕上がりました。耐用年数100年以上ともいわれるレンガの家ですが、年数を重ねることで味わい深くなるため変化を楽しむこともできます。

リビングは天井を高くし、一部に渡り廊下を作ることで大きな空間を作りました。リビングダイニングにはお好みの家具を入れ、落ち着きのある空間となっています。

トイレは空間を広く取り、洗面台の幅も思い切り長いものを設置しました。総柄の壁紙がおしゃれで高級感のある雰囲気に仕上げてくれています。

実際の建築事例はこちら

 

・アプローチが印象的なレンガの家

こちらは、家の敷地に入ってから玄関にたどり着くまでのアプローチが印象的なお家です。レンガの外壁にはさまざまなメリットがありますが、防音性や遮音性も。そんな特徴を活かしてピアノルームを設置しました。また断熱性をあわせて太陽光発電設備を取り入れるなど省エネ住宅にもなっています。

家の中は白を基調としており、アンティークの家具とのコントラストが素敵です。窓がたくさんあるので、光が差し込む明るいキッチンでホームパーティーを楽しむことができます。また床は大理石でありながら床暖房を設置して冬でも暖かく過せることもポイント。

実際の施工事例はこちら

 

・明るめのレンガの家

明るいレンガの家

こちらの事例では、明るめの色のレンガが使用されています。レンガ積みの塀やアーチ状のエントランスが高級感を演出しています。屋根には煙突が設置されており、住宅街でも際立つ存在に。内装にもレンガを使用し、水回りは白を基調とした統一感のある空間の中になっています。シャンデリアや薪ストーブなど、インテリアのおしゃれさと実用性を兼ね備えた素敵な家に仕上がっています。

実際の事例はこちら

 

 まとめ

家を建てる際、デザイン性はもちろん家の性能も重視したいですよね。夏に家の中が暑くなりすぎるようでは快適に生活することができません。そもそもの暑さの原因と危険性、レンガの外壁が暑さに強いということをご紹介してきました。レンガの家は断熱性が高く湿度を調節してくれる特徴を持つため、断熱材と組み合わせることでより断熱性をアップさせることができます。ケンブリックはレンガの家を専門としているため、デザイン性はもちろん機能面でもご満足いただけるような家づくりを心がけております。お客様のご要望に最大限お応えできるようなプランをご提案させていただきますので、レンガの家をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。