レンガの家の魅力!レンガの積み方、作り方を解説

レンガの家は、どっしりとした重厚感、レトロな落ち着きのある佇まい、自然素材の風合いなど様々な魅力があります。レンガの歴史は古く、古代文明の発祥とともに生まれました。美しさと機能性を併せ持ち、現代建築でも変わらず利用されている理想的な建材です。近年、そんなレンガ素材の魅力と現代の建築技術を掛け合わせ、現代の住宅に必要とされる快適性と機能性も兼ね備えたレンガ造りの家が実現できるようになりました。そこで今回は、レンガ素材のもつ魅力、歴史、レンガのタイプ、積み方や作り方についてご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

レンガの歴史

レンガ積みの家の外観レンガ(煉瓦)は、人類の4大文明の発祥とともに、紀元前4000年頃から、エジプト・メソポタミア・インダス・黄河文明、それぞれの地域で独自の発展を遂げました。古代のレンガは、土をこね、太陽の熱で干して固めた「日干し煉瓦」が中心でした。その後、紀元前3000年頃から、「焼きレンガ」が外壁に使われ始め、古代ローマではレンガごとに製造者の刻印が義務付けられるなど、工業製品としての生産技術が向上することとなりました。

日本では幕末に長崎の溶鉄所や横須賀製鉄所にレンガ建築が採用され、後に、富岡製糸場(明治5年)、北海道庁旧本庁舎(明治21年)、赤坂離宮(明治42年)、横浜赤レンガ倉庫(明治44年)、東京駅(大正3年)などの、明治~大正時代の歴史的建築に受け継がれました。関東大震災以降、鉄筋コンクリート造が主流となりましたが、近年、現在の建築基準法にも準拠する、レンガ内部に基礎から鉄筋を通す工法が確立されたことで強度問題が解決され、さらに木造建築との融合によって地震や火災にも強い住宅建材として再び用いられるようになったのです。

 

レンガの素材は?

レンガは、土が原料の自然素材です。粘土、頁岩、泥などを型に入れて、窯の中で高温で焼き固めて作られています。セラミックス素材の1つで、焼き物でもあります。レンガ独特の風合いを生み出す赤茶色になるのは、土の中に含まれる鉄分が焼成時に酸化して変色するからです。

 

レンガの建材としての特性は?

レンガは、自然素材でありながら、耐熱性、断熱性、保温性、圧縮強度、曲げ強度、耐水性、耐摩耗性、耐久性、低吸水性といった多様な特性があります。新建材と比較して、品質、コストいずれも優れた理想的な建材の1つです。

実際に、海外では古代建築、ヨーロッパの街並みの歴史的な景観が数百年にわたり維持され、日本でも東京駅舎の建て替えなども含め、耐久性の高い100年建築が可能な建材として採用されています。

 

レンガの種類は?~用途別・カラー別~

 

レンガの用途は5つに分けられる

レンガには用途別にみると以下の5種類があります。

 

建築用レンガ

主に建築の外壁などに使用される強度が高く吸水率が低いレンガです。

 

耐火レンガ

1000℃以上の耐火性があり、暖炉、薪ストーブの内壁、煙突、窯などで使用されます。

 

普通レンガ

道路や公園の歩道などの敷レンガとして利用されています。

 

空洞レンガ

音や熱を遮断する目的で軽量化、装飾目的で生成されたレンガです。

 

セメントレンガ・スラグレンガ

焼きレンガとは異なり、セメントモルタルなどに塗装をしたレンガ風のサイディングの建材です。

 

 

レンガの色は主に4タイプがある

レンガを色で区分すると以下のようなバリエーションがあります。

 

赤レンガ(タスマニア州オータムブレンド)

東京駅や横浜赤レンガ倉庫でも使用されているのが赤レンガです。

 

白レンガ(タスマニア州ウインターゴールド)

原産地はオーストラリアですが、イギリスのコッルウオルズ地方で好まれるレンガです。

 

茶色のレンガ(タスマニア州グレー)

日本の街並みにも調和する高級感があるレンガです。表面に凹凸があり、経年変化を醸し出すクラシカルな風合いです。

 

複数色のレンガ(クインズランド州レンガ)

明るい色合いのレンガをブレンドしたレンガです。交差積みをすることで影を生み出す効果もあり、本物の積みレンガ建築でしかできない味わいがあります。

 

レンガのサイズは国別に違う

レンガのサイズは、職人が手に持ちやすい大きさで国や地域で規格が異なります。

アメリカでは203mm×102mm×57mm、イギリスでは215mm×112.5mm×75mm、日本(JIS規格)では210mm×100mm×60mmとなります。このサイズを基本に、1/2、1/4、3/4などに分割したサイズが利用されています。

 

 

レンガの積み方は?4つのタイプ

レンガ建築で使用されるレンガの積み方には、以下の4種類があります。いずれも縦方向に一直線に目地が並ばないように積まれます。構造上、目地が縦方向に並ぶと崩れやすくなるためです。

 

フランドル積み

横一段の中に長細い面(長手)と小さく見える面(小口)を交互に並べる積み方です。

 

イギリス積み

長手だけの段、小口だけの段を交互に積んでいく方法です。フランドル積みよりも強度が確保しやすくレンガも少なくて済みますので効率的です。

 

小口積み

ドイツ積みとも呼ばれる方法で、小口の面だけが見えるように積んでいきます。東京駅の一部に利用されています。壁を曲面的に施工しやすく、円筒形の構造物を建てる際にも使用されます。

 

長手積み

長手だけを表面に見せるように交互に積んでいきます。壁の厚さが薄くなりますので強度的には劣ります。横浜市開港記念会館で採用されています。

 

 

レンガの作り方、DIYでの使い方

では、レンガとはどのように造られているのでしょうか?原料から製造工程をご紹介します。

 

日干しレンガの作り方

古代から製造されてきた日干しレンガは、粘り気のある土に砂と水でつくる非常にシンプルなレンガです。原料を混ぜて粘土状になったら木枠に入れて成型し、木枠から外して2~3日ほど天日で乾燥させて完成です。エジプトでは、麦わらくずなど入れて亀裂が入るのを防ぐ工夫がされています。

 

焼きレンガの作り方

焼きレンガの原料もほぼ日干しレンガと同様で、粘土類、長石類などを粉砕して混合し、砂などを混ぜてつくります。混合し、練ったら、2日ほど寝かせて、土を真空状態になるように圧縮して押出成形機で型をつくります。乾燥室で数日かけて乾燥させた後、窯に並べて焼成します。窯の温度は200℃から焼きはじめ、段階的に1200℃の高温にしていきます。耐火レンガの場合は、ボーキサイト、マグネシア、粘土に酸化マグネシウムなどを混ぜて製造し、約2000℃の高温で焼成します。亀裂が入らないようにゆっくりと熱を冷まして、常温になったら検査をして完成、となります。

 

DIYでレンガを使う場合

なお、BBQ用のかまど、ピザ窯、小さな小屋などをDIYで作る場合は、ホームセンターなどでレンガや専用キットを調達することになるでしょう。積みレンガ方式でモルタルで繋いでいく方法でも可能ですが、強度的に不安があるようであれば、住宅建築と同様にブリックべニア工法を採用すると安心です。構造部を木造軸組か2×4で強度を確保し、外壁にレンガを積み上げて、(できれば鉄筋などを通して)基礎、木造構造部と接合する方式です。木造構造部とレンガの間に3cm以上の空気層をつくることで、結露などを防ぐのがポイントになります。

 

 

まとめ:あなたもできるレンガの家づくり

レンガは、海外はもちろん、日本でも多くの歴史的建築に採用されています。レンガは古代から利用されてきた様々な優れた特性を持つ自然素材の建材です。日本でも、木造構造物との組み合わせで積みレンガを外壁として二重外壁構造として使用することで、現代建築でも活用される機会も増えてきました。レンガは種類によってはホームセンターでも手に入れることができます。DIYで庭に花壇や小道、小さな小屋を作ることもできます。しかし、本格的にレンガの家を建てるには、建築用のレンガを海外から輸入し、最新の建築技術も踏まえた設計、工法で、熟練の職人さんによる施工が必要となります。本物のレンガ造りの家を建てるなら、日本でレンガ積み建築の経験が豊富な当社にぜひご相談ください。当社のレンガ積みの家は、一般的なハウスメーカーの注文住宅の価格帯とそれほど大きな違いはありませんレンガ積みの家の外壁はメンテナンスフリーですので、50年、100年と外壁のメンテナンスにかかるランニングコストがかかりません。世代を超えて住み続けられる家づくりをお考えなら、自然災害にも強いレンガの家づくりをおすすめします。

Follow me!