レンガの家とツーバイフォーを融合した耐震性の高い家を建てよう

「ツーバイフォー(2×4)」という工法を聞いたことはありますか?アメリカで生まれた木造住宅を代表する工法で、地震の多い国である日本でも選ばれることが増えてきています。

耐久性の高い家といえばレンガの家ですが、100年以上住み続けることができるレンガの家とツーバイフォーの家についてご紹介していきます。

 

◼ ツーバイフォーの家とは

ツーバイフォー(2×4)工法は、建築基準法上の正式な名称を「枠組壁工法」といい、床や壁などの「面」で家を支える構造のことを指します。

 

約2インチ×約4インチの木材を組んで枠組みを作り、枠組みに面材を合わせることで大きな面を構成します。金具などで一体化させたら頑丈な六面体の構造が出来上がるという仕組み。

 

・木造枠組壁構法との違い

日本の伝統的な木造住宅を建てる工法として、木造軸組構法というものがあります。木造軸組壁工法とは、柱と梁という軸組によって組み立ていく工法のこと。在来工法とも呼ばれ、面で組み立て支えていくツーバイフォー工法と比較されることがよくあります。

 

木造軸組壁工法は設計上の制限が少ないというメリットがありつつ、構造が複雑なので職人さんの技術によって耐久性や仕上がりに差が出てくることもあります。

 

◼ ツーバイフォーの家のメリット

ツーバイフォーがどのような家で、どのような仕組みであるかが分かりました。ツーバイフォーの家にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

・耐震性が高い

ツーバイフォーという工法は、もともと強度が必要な航空機のために作られた構造。そのため耐震性の高い工法であることが一番のメリット。特に日本は地震が頻繁に起こる国なので、耐震性が高いと安心ですよね。

 

ツーバイフォー工法では柱や梁がなく、面で家を支えているため、地震や台風による強い力が加わったときに6つの面にエネルギーが分散されていきます。

 

・工期が短く費用を抑えられる

ツーバイフォー工法は耐震性が高い一方で構造体がシンプル。

建築部材を工場で生産することで品質を保ちつつ、現場での作業を最小限にすることができます。その分工期が短く、費用も抑えることができます。

 

・気密性や断熱性が高い

ツーバイフォーは面パネルと面パネルと組み合わせて作ることから、気密性や断熱性が高いというメリットにもつながります。

夏には涼しく、冬には暖かく過ごせる家だと、一年中快適に生活できますよね。

 

◼ ツーバイフォーの家のデメリット

ツーバイフォーの家のメリットをご紹介しましてきました。ツーバイフォーの家を検討している方はデメリットも把握しておくようにしましょう。

 

・規格が画一化されている

ツーバイフォーの家では建築部材を工場で生産するため品質を保てるというメリットがある一方、規格が画一化されているという面もあります。

ある程度決められた規格の中から選ぶことになるので、家に個性を出したい方やこだわりを詰め込みたい方にとっては物足りなく感じるかもしれません。

 

・間取りに制限があることが多い

ツーバイフォーの家は、一度家を建てるとそのあと自由に間取りを変更するのが難しいというデメリットも。柱や梁ではなく6つの面を箱のように組み立てることで家のバランスを保っているので、壁を抜いてリフォーム・リノベーションするのは構造上難しいのです。

 

同じ理由から、開口部を大きく取ることも難しいため、「リビングに大きな窓がほしい」といった理想がある場合は叶えられない可能性もあります。

 

・結露が生じやすい

ツーバイフォーの家では気密性や断熱性が高いとご紹介しましたが、その反面、家の外と仲の温度差が大きくなって結露が発生することも。もともと湿度の低いアメリカで生まれた工法なので、日本のように湿度の高い国で採用するためにはしっかりと結露対策を行う必要があります。

 

◼ ツーバイフォーとレンガの家の融合

ツーバイフォーの家の特徴とメリット・デメリットをご紹介してきましたが、レンガの家と融合させて耐震性の高いレンガの家を建てることもできます。

レンガの家は重さがあることから地震に弱いイメージがある方もいるかもしれません。しかしレンガをツーバイフォー工法の構造と一体化させることで、地震に強いレンガの家を実現することができました。

 

ツーバイフォー工法はもともと断熱性の高い工法ですが、ケンブリックでは外断熱工法を施すことでさらに断熱性をアップさせています。家とレンガの間には空気層を設けることで空気の流れを作り、ツーバイフォー工法の懸念点である結露や湿気の心配もありません。

 

レンガはただ積み上げるだけではなく、ステンレス筋や鉄筋をレンガに通し、木造の構造と緊結させることで、レンガと構造、基礎を一体化させることができます。

 

・レンガの家の強み

西洋の歴史的建造物や、日本における東京駅や赤レンガ倉庫を見ると分かるように、レンガの建物は100年以上の寿命があります。寿命が長いだけではなく、メンテナンスがほとんど必要なく、むしろ年数が経つにつれて色褪せや変色を楽しみ続けることができます。

 

レンガの性質から気候にも左右されにくいという強みもあり、海に近いところでも塩害の被害を受けにくく、豪雪地帯でも雪の重さに耐えられるなど、日本のどこに住んでいても重宝される素材です。

 

断熱性能の高さもレンガの特徴の一つなので、夏の暑さが厳しい日本においても、家の中を涼しく保つことができます。

 

・白レンガを使った北欧風の家

赤や茶色が使われることの多いレンガですが、こちらは珍しい白レンガを採用した事例です。高級感や重厚感といったイメージが強いレンガの中でも、白レンガを使用することでナチュラルで爽やかな雰囲気に仕上げることができます。

外構は低めにするであることで開放感を演出。あえて外壁の白っぽい色と対比させるような茶色のレンガを選びました。門や窓の辺りにアイアンを使用し、レンガらしい組み合わせにすることで統一感が生まれています。

実際の施工事例はこちら

 

・暖かみの溢れる家

緑色の切妻屋根とレンガの相性が抜群なこちらの家。ベランダに凹凸があるためレンガの表情を豊かにし、外からの視線を遮りつつ日当たりを確保できるようになっています。

LDKは暖かくて広々とした空間にしたいとのご要望があったため、窓を増やしたりお風呂を2階に設けたりと、1階のLDKを広く取れるように工夫しました。お孫さん達とくつろげるような空間になりました。

キッチンにもレンガを取り入れることで、暖かみのあるおしゃれな空間に。レンガは高温で焼き固められているため寿命が長く、メンテナンスフリーなのが特徴。耐熱性も高いことからキッチンでもその強みを活かしてくれるはずです。

 

実際の施工事例はこちら

 

◼  まとめ

ツーバイフォーの家の特徴とメリット・デメリット、ツーバイフォーの家とレンガの家の融合についてご紹介してきました。家づくりの際は、工法や構造、外壁、内装など決めなければならないことがたくさんあって大変ですが、家族のライフスタイルや好みに合わせて素敵な家を建てていきましょう。

 

ケンブリックでは、ツーバイフォー工法や木造軸組構法の構造と一体化させる方法でレンガの家を建てております。お客様のご要望にお応えしながら最適なプランをご提案させていただきます。耐久性や耐震性の高いレンガの家が気になっている方は、ぜひお気軽にご相談ください。