レンガ積みの家について

MERIT4

環境への配慮ECOLOGY

環境に優しい自然素材
外断熱による省エネ効果で環境に配慮

レンガの特性は、熱を加えても有害物質を出さないという点と、他の材料より熱を伝えづらく、逃がさない、そして熱を溜め込むことが出来る点。そのレンガを建物の外側に積み上げた家こそがレンガ積みの家です。この特性を生かし、レンガの内側の温度を一定にキープ。断熱材の効果とは異なる、レンガならではの外断熱効果が生まれています。
住まいに用いられる外断熱は、省エネ効果が非常に高く、限りある資源を大切にするための技術。 また、レンガは土を焼いて固めた自然の素材なので使わなくなった際には土に戻すことが可能です。 「美しい地球を守るために環境に配慮した住まいで暮らす」その大きな一歩につながる家が、ケンブリックの外断熱レンガ積みの家です。

意外と知らないレンガ積みの家のメリット

日本ではレンガ積みの家と聞くとあまり馴染みがなく、倉庫のイメージや商業施設のイメージが先行する方も多いとは思いますが、木造とレンガ積みを組み合わせることで耐震性が高く、さらにレンガ自体が持つ耐火性、耐久性などのメリットを持ち合わせた優れた住環境を実現する建物を建てることが可能になりました。では、実際にケンブリックが建てるレンガ積みの家のメリットを見てみましょう。