レンガ積みの家について

MERIT3

耐火性REFRACTORINESS

耐火性の高いレンガ積みの外壁
土の耐火性を活かした住まい

レンガは土を焼き固めたものなので、耐火性に非常に優れた素材です。 土を乾燥させて焼き上げる工程中に、無数の空気の粒が含まれる構造が火に対して素晴らしい能力を発揮します。土の種類は違いますが陶器に近い感じです。そのうえ炭素を含んでいないから燃えることもありません。昔から暖炉や釜等を作る素材として有名ですよね。
近隣からの火災から身を守ることも新しい家を造る上で重要なポイントと考えます。1140度で焼いたオーストラリアレンガを積んだ家は、耐火性に非常に優れた家になります。

意外と知らないレンガ積みの家のメリット

日本ではレンガ積みの家と聞くとあまり馴染みがなく、倉庫のイメージや商業施設のイメージが先行する方も多いとは思いますが、木造とレンガ積みを組み合わせることで耐震性が高く、さらにレンガ自体が持つ耐火性、耐久性などのメリットを持ち合わせた優れた住環境を実現する建物を建てることが可能になりました。では、実際にケンブリックが建てるレンガ積みの家のメリットを見てみましょう。