レンガ積みの家について

MERIT2

耐久性DURABILITY

耐久性のあるレンガの外壁
レンガの寿命は100年以上

日本の住宅の平均寿命はローン返済が終わる25年から30年。それに対し、欧米の住宅の寿命は75年と言われています。そこにはさまざまな理由がありますが、そのひとつがレンガ。レンガの寿命は100年以上。なので、レンガ積みの家の寿命も長いのです。従来のモルタル外壁では8~10年でヒビ割れや汚れで塗装が必要になり、その費用は100万~150万かかりますが、レンガ積みの家は50年以上そのメンテナンス費用はかかりません。ヨーロッパの趣きのある家と同様、外壁レンガは古くなればなる程、深みを増して趣きのある家になり3世代が余裕を持って住み続けられる長持ち住宅です。

意外と知らないレンガ積みの家のメリット

日本ではレンガ積みの家と聞くとあまり馴染みがなく、倉庫のイメージや商業施設のイメージが先行する方も多いとは思いますが、木造とレンガ積みを組み合わせることで耐震性が高く、さらにレンガ自体が持つ耐火性、耐久性などのメリットを持ち合わせた優れた住環境を実現する建物を建てることが可能になりました。では、実際にケンブリックが建てるレンガ積みの家のメリットを見てみましょう。