けんぶりっくのブリックブログ

2014年9月の記事一覧

~地盤改良工事~

~地盤改良の内容~

地盤調査をして地盤が弱いという結果が出てしまった場合、
安心して安全に建物を建てることができるように、地盤の工事をします。
それが地盤改良です。

では、地盤改良とは具体的に一体どんな工事をするのか?
地盤改良の工事は大きく分けて3つあります。
それぞれの地盤に対して、適切な工事を施します。

①柱状改良工事
hokyou2a

軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下の場合に用いられる方法で、
土の中にコンクリートの柱を造ってしまう方法です。

安定した層まで機械で穴を掘りながらセメントと水を混ぜたものを注入していきます。
安定した層までたどり着くと、機械を抜きます。
すると上の画像のような円柱ができます。
それを何本も作ることで地盤を安定させます。

②表層改良工事
hokyou1a

軟弱地盤の層が地表から2メートル以内の場合に
軟弱地盤層の強度を上げ、下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造る工法です。

表層の柔らかい地盤の部分を削り取ります。
そこに土とセメントを混ぜ、重機やローラーで転圧(締め固めること)して地盤の強度を上げます。

③小口径鋼管杭工事
hokyou3a

上記の2つと違って、地盤自体を強くするのではなく強い地盤の層まで杭を打ち込みます。
深度30m位まで杭を打つことができます。

硬い地盤の層まで溶接しながら鋼管製の杭を打ち込んでいき、
設計された高さで切り、蓋を溶接して完成です。

建築中の放火について その後どうなる?

こんにちは(^-^)
最近多摩の方で相次いで建築中の戸建の放火が起きています。
本当に怖いですね。

その後も気になりますよね。
燃えてしまった家は一体どうなってしまうのか。

私どもの会社もそうですが、通常建築中の物件にも火災保険をかけています。
ですので建築中の建物が燃えてしまった場合、保険金がおりて、
また立て直すことができます!!全額お客様が負担するということはございません!!

そのおりる保険金の額というのは、私どもの会社でかけている保険では、
再調達価額といいまして、無くなってしまったり壊れたものをまた新たに取得するのに必要な額のことをいいます。ただし、上限があります。それは掛けている保険金の上限となります。

火災保険は通常建物に掛けるものなので、
通常保険金の上限は建物の工事金額位でかけます。
それ以外の、外構工事、設計費、などの諸費用分は入れていません。

外構はほとんどの場合、建物工事が終わってからなので建物が完成していないならば、
外構工事はまだ始まっていないでしょう。
設計費も、同じ建物をまた立て直すことになるので、変更がなければかからないでしょう。

ですので結論的には、建築中に放火されても火災保険で立て直すことができます!!
しかし完成した後で放火が起こった場合、もしも保険金の上限を超えてしまう場合や、
放火により工期が遅れて仮住まい費用が余分にかかってしまった場合などは工務店とのお話し合いをおすすめします。

2014/09/19  お知らせ

~アンテナ工事~

~アンテナ工事~

TVアンテナを立てる工事です。
一般的に言うと大体5~8万円くらいだと思います。
もちろん状況や立てるアンテナによっても違いますが。

ケーブルテレビや最近では光回線を使ったTV放送もあります。
アンテナを立てずにTVを見たい方はこちらの方がいいかもしれません。
ただ、毎月お金がかかってはしまいます。

ケーブルテレビなどごご希望される場合は、
そのエリアの会社を調べて、資料など集めさせていただきます。

~外構工事~

~外構工事~

外構とは、建物以外の外まわりのことを言い、門、アプローチ、庭、植栽、塀、側溝などの工事です。
レンガの家では、家に積んでいるレンガと同じレンガを外構に使う方も多いです(^-^)

外構の広さや、どういった風にするかで金額も変わってきます!!
人によっては、外構は建物がたってから考える方もいます。
極端な話、建物さえ完成すれば、住める環境にはなります。
なので引渡しの後で、住んでから実際の使い勝手を考えて外構をつくるのもいいと思います(^O^)

~照明・カーテンについて~

照明・カーテン

照明とカーテンは、コーディネーターを一人お付けして、一緒に選んで頂きます。
もちろん選ぶ物によって費用が変わってきますが、大体坪2万円くらいです。

照明に関しては、基本照明といって、廊下やトイレなどの電気は建物工事代金の方に含まれています。

~エアコンについて~

エアコンについて

エアコンの工事は、エアコン本体の取り付け、ダクトから室外機の設置までの工事です。
個別のエアコンで、天井カセットやビルトインタイプなどは通常の壁掛け式よりも費用が高くなります。
また全館空調にする場合は設計にも関わりますので、早めにご要望をお伝えください。

スクリーンショット 2014-09-16 11.09.54

 

~ガス工事について~

ガス工事

ガスの配管の工事です。
ガス栓の必要な場所まで、ガスの配管を通します。
ガスメーターの取り付けも含まれます。

下の図は、東京ガスのホームページに記載されているものです。
負担金については、2012年との記載がありますし、地域や状況によっても異なる可能性がございます。
図が分かりやすいので、是非ご参考にして頂ければと思います。

encyo_img_before_01encyo_img_before_02encyo_img_before_03

~屋内外給排水工事とは~

屋内外給排水工事とは屋内と屋外、つまり建物内と敷地における水や湯の供給、
排水のための設備を組み込むための工事。キッチンや浴室、トイレなど水回りの配管工事です。

また敷地内に配水管が入っていないときは、配水管を前面の道路から敷地内に引き込む工事も必要になります。
もし、前面道路にも入っていない場合、水道の入っているところから引っぱってこなければいけません。
ちなみに敷地内に配水管が入っていても、その管の太さが細すぎると引き直しが必要になります。

役所や水道局で調べれば、今の敷地に何ミリの水道管が入っているかがわかります。
配水管の引き込み工事が必要な場合は別途費用がかかります。

下の図は給水の配管と、排水の配管の図です。ご参考にご覧下さい(^-^)

kyuusuisouchi

haisuisetubitoha

~解体について~

解体費用とは建物を壊す工事の費用です。

解体工事の流れ

近隣住民への挨拶
(解体工事では振動、粉塵、騒音といった問題が発生します。近隣住民への事前のご挨拶は不可欠です。)

電気、ガス、水道などの停止
(解体工事前の準備として忘れてはならない事にガス、電気、水道の供給停止連絡等があります。
メーターの撤去や配線、配管の撤去も必要です。
事前に施主様がそれぞれの会社に連絡し撤去依頼を済ませましょう。
水道については解体工事中埃の拡散防止に使用したりします。
解体業者と打ち合わせをしておき、水道会社へ伝えましょう。)

建物周辺物の撤去
(住居に付属する窓、サッシ、畳、建具、瓦、家具などの不用品等、
建物本体以外で撤去できるものは予め手作業で取り除きます。)

建物本体の解体
(建物の基礎となる柱や梁、壁や屋根等全て解体していきます。多くの場合重機を使用して行います。
この時に埃が発生するため水を撒きながら工事を実施します。
建物の解体が済むと基礎を掘り起こし撤去します。)

廃材の分別、収集、運搬
解体により発生した廃材を分別します。分別の精度がリサイクル化や廃棄処分費に大きく影響します。
木材、コンクリート、鉄、アルミ、プラスチックなどを手仕分けしていくのが通常の方法です。
分別された廃材は種類ごとに運搬されます。運搬先は中間廃棄処理場が一般的です。)

整地工事
解体工事のメインである建物本体の撤去、運搬が終わるとなんとなく解体工事が完結したように感じます。
しかし更地となった土地の整地が残っています。良い業者は整地までしっかりと行います。
土の中に廃棄物が埋まっていないか、周辺の道路が汚れていないか、など気配りが重要です。)

最終確認
運搬を忘れている廃材の有無、整地状況、清掃状況を業者と一緒にチェックします。
不備があったときは必ず伝えましょう。)

解体費用は、壊す建物の構造、塀の有無などによって金額も変わります。
それ以外に敷地内に撤去するものがあればそれも費用が掛かってきます。
ですので、あらかじめ建物の中も外も、撤去できるものはご自分で撤去しておくことをお勧めします!!

また、解体費用は地域によって市や区からの補助金が出る事があります。
これは絶対に利用するべきです。㎡あたり21000円出る場所もありました。
ただ、場所が当てはまっても、それ以外の条件などもあったりしますので、市役所や区役所に問い合わせたほうがいいでしょう。

 

~レンガの家完成見学会~ 10月4日、5日開催!! 

ケンブリックからお知らせです!!
10月の4日(土)と5日(日)にレンガの家完成見学会を行うことになりました(^-^)

入稿済データ140926

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!!
直接お電話を頂けるか、下記お問い合わせフォームよりご連絡くださいますようお願い致します(^-^)

TEL:03‐5717‐3021

 

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。