けんぶりっくのブリックブログ

~消費税~

家を建てる際によく、坪いくらと言うようなお話をするとは思いますが、
注文住宅ですと、坪数や土地の状況、仕様などによって金額が変わるので一概には言えないのです。
まぁそれでもそれではお話にはならないので、大体~円くらいだと思います!!くらいしか言えません。

しかしその時お答えする坪単価は、建物の工事費用をお答えするところがほとんどです。
解体や外構など、その他費用は坪単価に入りません。

そして、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、坪単価には消費税も入りません。
なのでそれを頭に入れておかないとあとで大変なことになります(>_<)

消費税については、増税の時期を知っておく必要があります。

消費税は、2014年(平成26年)4月に8%に引き上げられました。
さらに、2015年(平成27年)10月に10%になる予定でした。

しかし、2014年11月、安倍晋三首相は首相官邸の記者会見にて、
衆院を解散すると表明し、2015年10月に予定していた消費税増税10%への引き上げを延期する考えを示しました。

そしてその時期を消費税増税10%を1年半先送りし、17年4月とすることを明言しました。
しかも次の延期はなく、必ず実施する方針だそうです。

去年の4月まで5%だった消費税が再来年には10%になります(>_<)
倍です。消費税は家などの高額な建物にはかなり響いてきます。

3000万円の建物だと300万円、
5000万円の建物だと500万円、
1億円だと1000万円になります!!

そして消費税はあくまで税金なので、はっきり言って消費税増税前に建てた方がお得です。
2%の差だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、住宅のことだとその2%も大きい金額になります!!

前回は引渡しが消費税増税後であっても、増税実施の半年前までに契約をしていれば引渡しが増税後でも、
消費税増税前の税率が適応されるなどの措置が取られました。
今回は延期なので、また同じような措置が取られるかはまだ不確定ですが、

消費税増税に伴う軽減措置として、

・住宅ローン控除の控除額拡大
・すまい給付金

があります。

・住宅ローン控除はローン残高の1%もしくは40万円のどちらか安い方を所得税から控除するものです。

・すまい給付金は年収などに応じて現金でお金がもらえる制度です。

こういった軽減措置を活用していけば、少しでも負担が減りますよね。これらの制度は今もあります。

ただ、ネットなどを見ていると増税後でも色々な軽減措置が出てくるから大丈夫、増税後の方がいい。
などど書いている方もいらっしゃいますが、

実際には、消費税が安いに越したことはありません。
確かに、焦って買うものでもありませんが、わざわざ増税後にする必要もありません。
増税分だけ金額は高くなります。消費税増税分を銀行がローン金額を上げてくれるわけでもありません。

現時点では消費税がまだ10%になっておらず、軽減措置を利用できる時期です。
市や区などによっては他に助成金などが利用できる場合もあります。

なので、近々お家のことをお考えの方は10%消費税増税前にご購入、お建てになることをお勧め致します。
ご相談される期間や工事期間、色々なことを考慮して、余裕をもって今のうちから少しづつお家造りを進めていかれることをお勧め致します。

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。