けんぶりっくのブリックブログ

2015/06/17  施行事例

<施工事例>空室知らずのレンガのアパート

~空室知らずのレンガのアパート~

立川市にまるで外国のような雰囲気を感じるレンガのアパートがあります。
本物のレンガを1つづつ積んであるからこその重厚感があり、その雰囲気と外観は賃貸アパートでは別格。
そのため、満室で募集していないにもかかわらず問い合わせや入居希望者様が後を絶ちません。

また、1度建ててしまえば外壁のメンテナンスが必要ないので、オーナー様にとっては安心して運用できるアパートです。
築10年後でも、そのレンガのアパートは年月とともにレンガの色に深い味わいを増し、外観の劣化による入居率の低下を防ぎます。

_DSC4186

賃貸物件のご案内の際に、このレンガのアパートを見て気に入らない人はほとんどいません。
不動産業者からも「案内したらほとんど決まります。空いたらすぐ教えてください。」との声を頂くほどです。

このアパートのオーナー様は文京区の賃貸併用住宅をご覧になり、レンガのアパートにお決め頂けました。
建てている途中から完成したら入居したいとおっしゃる方もいて、実際に完成した後に募集を始めると、
頻繁にお問い合わせを頂き、すぐに満室になりました。

では、そんな人気物件の内容をお見せしたいと思います。
_DSC4227

これがエントランスです。手前のアイアンの扉がより一層外国のような雰囲気を演出します。
奥の扉はオートロックとなっており、女性も安心して住むことができます。

_DSC4128

廊下の壁にはスライスしたレンガを貼っています。外の照明も洋風なものを使い、特に女性に人気です。

_DSC4158

階段の途中にスリットを入れ、その部分にアイアンを入れています。
入居者様がご案内の際に驚くポイントがいくつもあり、飽きさせません。

_DSC4178

中はカウンターキッチンになっています。そして床にはカナダから輸入したアルダーの無垢材を使用しております。
この物件の部屋自体は決して広くはないですが、皆様ご覧になって気に入って頂けています。

_DSC4174

カウンターキッチンの内側から撮った写真です。バルコニーの内側にはスライスレンガを貼っています。
巾木(はばき)などの色も、コーディネーターとご一緒に、どんな色がいいかご相談しながら決めて頂きます。

退去してもすぐに入居者様が決まる状況に、オーナー様にもご満足して頂けております。

戸建はもちろんですが賃貸をお考えの方には特に、自信をもってレンガのアパートをお勧め致します。
イニシャルコストでも、大手と比べると仕様などにもよりますが弊社の方が安いです。
レンガだけではなく、その他の部分も、大手と比べて劣る部分はないと自信を持っております。

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。