けんぶりっくのブリックブログ

10月から火災保険の期間が変わる!?

10年を超える火災保険の新規契約廃止へ 
今年の10月から、10年を超える火災保険の契約がなくなります!!
理由は、異常気象による建物被害が増加傾向にあり、長期契約での収支予測が難しくなったためとのことです(´・_・`)

住宅の火災保険は現状、最長36年 
現状、住宅の火災保険は最長36年で新規契約が可能です。住宅だけがもともと特別扱いで、専用店舗や工場などは概ね、最長5年なのです。これは、住宅ローンが最終完済年齢などをクリアすれば35年で組めるところからきています。(金消契約時からだと36年が必要になるため)
長期契約のメリットはもちろん、契約期間が長ければ長いほど毎月の保険料が安くなることにあります。
ただデメリットとしては、新しく火災保険が改正され補償内容が良くなったとしても、契約当時の補償しか受けられないことでしょう(>_<)

そして保険料値上げ、値下げの影響を受けません。
内容にもよりますが、やはり長期の方が、一時的な負担は大きくても毎月の保険料を考えればメリットが大きいとの意見が多いようです。
10月までだと10年以上の長期契約ができます!!シュミレーションなどをして、自分にあった火災保険をかけることをお勧めします(^-^)/

参考記事マイナビニュース

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。