けんぶりっくのブリックブログ

防火地域と準防火地域について

こんにちは(^-^)
今日は防火地域と準防火地域について書こうと思います。
家を建てるときに、その土地が防火地域もしくは準防火地域に接しているかどうかを調べます。
そして接していれば色々な規制がかかってきます(>_<)

そもそも防火地域と準防火地域とはどういう地域なのでしょう?

まず、中心市街地や主要駅前、主要幹線道路沿いなど、大きな商業施設や多くの建物が密集していて、
火事などが起これば大惨事になりかねない地域では、建物の構造を厳しく制限して防災機能を高めることが求められます!!

このような地域で指定されるのが「防火地域」で、建物は原則として耐火建築物、つまり一般的には鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造などの建築物としなければなりません(>_<)
ただし、地階を含む階数が2以下で、かつ、延面積が100平方メートル以下の建築物は準耐火建築物とすることができます。

それに比べ、準防火地域では、
規制内容は防火地域よりも緩やかで、地階を除く階数が4以上、
または延面積が1500平方メートルを超える建築物は耐火建築物としなければなりませんが、
延面積が500平方メートル以下なら、一般的な木造2階建てや一定の基準に適合する木造3階建ても建てることができます(^-^)

準防火地域で木造3階建て(500平方メートル以下)の場合は、
外壁の開口部(窓やドアなど)の構造および面積、主要構造部の防火の措置などについて、
一定の技術的基準が定められており、これに適合する建築物としなければなりません!!

木造2階建てまたは平家建ての場合は、
隣地から一定の距離内で延焼のおそれのある部分の外壁や軒裏は防火構造としなければなりません。
また、これに附属する高さが2mを超える門や塀は、不燃材料で造るか、
または不燃材料で覆わなければならないことになっています!!

文章ばかりで眠くなるような記事になってしまいました(>_<)
しかし、家を建てる上でこういった規制や制限が他にも色々あるのです!!
でもそれはとても大事なことなので、しっかり調べてちゃんとした家を建てないといけないのです(^-^)

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。