レンガの家のキッチン特集|キッチンの種類や事例

レンガの家を建てようと検討しているとき、外観はだいたいイメージできたとしても家の中やキッチンなど細かい部分のイメージができていないということもあるかもしれません。そこでキッチンの形状や向きによる違いといった基本的な知識から、レンガをキッチンに取り入れる際のポイント、実際の事例までたっぷりご紹介します。

 

◼ キッチンの形状

家づくりを検討し始めると、キッチンにはさまざまな形状があることが分かります。形状ごとに分けられるキッチンの種類についてご紹介します。

 

・アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、「アイランド」という言葉通り「島」のようになっているキッチンのことをいいます。キッチンには、壁と接している面があることが多いですが、LDKの中でキッチンが島のように配置されているのが特徴です。アイランドキッチンはそのデザイン性の高さが一番の魅力ですが、キッチンが壁と接していないことで、キッチンの両側からリビングやダイング側に移動することができる動線の良さも魅力の一つ。

 

キッチン側からも、リビングやダイニング側からも視界を遮るものがないため、開放感のある空間にすることができますが、キッチンが散らかっていると目立ってしまうのがデメリット。来客があるときは常に手元をきれいにしておかないといけないという意識に追われることもあるかもしれません。しかし人の目を意識することでキッチンをきれいに保つこモチベーションになるという場合には、メリットになるとも言えます。

 

・ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンの左右どちらかの側面が壁に接しているキッチンのこと。「ペニンシュラ」は「半島」という意味なので、島が壁に接していることからその名前が付けられました。ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンよりも間取りの制約が少ないため、採用しやすいのがメリット。

 

ペニンシュラキッチンはオープンキッチンなので、吊り戸棚を設置しにくく収納スペースが減ってしまうというデメリットも。ペニンシュラキッチンの採用を検討している場合は、他に収納スペースを確保できるのかということを考えておくようにしましょう。

 

・I型キッチン

I型キッチンとは、コンロと天板、シンクが横一直線に並んでいるキッチンのことをいいます。I型キッチンは最も一般的な形状であることや多く導入されていることから価格帯が比較的リーズナブル。キッチン自体の費用や工事費が抑えられるため、予算に制限がある場合はI型キッチンを検討してみても良いかもしれません。また壁付けにすることが多いため、スペースを有効活用しやすいこともメリットとしてあげられます。

 

コンロからシンクまでが横一直線に並ぶI型キッチンは、横幅が長くなりすぎると動線が悪くなることがあります。特に壁付けにする場合、冷蔵庫や食器棚も横並びに置くことがあるため、キッチン自体の横幅よりも横移動の距離が長くなってしまうことを頭に入れておきましょう。

 

・L型キッチン

コンロからシンクまでが横一直線に並ぶI型キッチンに対して、L型に配置されるのがL型キッチン。コンロとシンクが90度に向かい合い、コーナー部分を天板として使用するのが一般的な形状です。L型キッチンは横移動だけではなく、横を向いたり背面を向いたりする移動が加わります。移動距離自体はI型キッチンよりも短いため作業しやすいのが特徴です。

 

L型キッチンは天板がコーナー部分に配置されることが多いですが、コーナー部分がデッドスペースになりやすいという声がよく聞かれます。天板を奥まで広く使いたいという場合には問題ありませんが、導入する場合は使い方を考えておくと良いかもしれません。

 

◼ キッチンの向きによる違い

キッチンにはさまざまな形状があることが分かりましたが、向きによっても種類が分けられます。

 

・カウンターキッチン

カウンターキッチンは文字通りカウンターのようになっていて、リビングやダイニングを眺めながら料理できるような向きのキッチンのこと。家族と話しながら、子供が遊んでいるところを見ながら、家事を進められるのが一番のメリット。その一方でリビングやダイニング側からはカウンターの中があまり見えないため、お子様からの目線が届きにくいことも。しかしキッチン内が見えにくいというのは、来客時にはありがたいポイントかもしれません。

 

カウンターキッチンは、キッチンの奥に通路、その奥にキャビネットや冷蔵庫を置くスペースといった配置の仕方になることが多いはず。その分広さが必要になり、リビングやダイニングのスペースに制限が出てしまう可能性もあるため注意が必要です。

 

・壁付けキッチン

壁付けキッチンは、壁の方を向いたキッチンのこと。カウンターキッチンのようにリビングやダイニングを見ながら料理をすることはできませんが、料理をしている後ろにはリビングとダイニングが広がっているためLDKに一体感を出すことができます。振り向くとすぐに家族がいること、リビングで遊んでいるお子様からもキッチンの様子が見えることはメリットだといえます。

 

カウンターキッチンほど広いスペースが必要ないので、リビングやダイニングのスペースを圧迫することもありません。またキッチンの背面にダイニングテーブルが並ぶことが多いため、配膳の動線が良いこともメリットの一つ。デメリットとしては、キッチンが丸見えなので常にきれいにしておく必要があること、キャビネットや冷蔵庫の配置が難しいことがあげられます。

 

◼ レンガをキッチンに取り入れる

キッチンの形状や向きについてご紹介してきましたが、レンガの家ではキッチンにレンガを取り入れることもできます。レンガは耐火性や耐水性に優れているため、火や水を使うキッチンにも安心して使用できます。シンクの周りや背面の奥の壁、キッチン側面の壁などにアクセントとしてレンガを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

コンロ周りにキッチンパネルとして、レンガ調のタイルを貼るという選択肢も。本物のレンガではなくキッチンパネルにすることで、デザイン性が高くお手入れもしやすくなるので一石二鳥だといえます。

 

またはカウンターキッチンのカウンター部分にレンガを取り入れると、リビングやダイニングの印象を決めることができます。キッチンに直接的にレンガを使うよりも手軽に取り入れやすいのではないのでしょうか。

 

◼ レンガの家のキッチン事例

レンガの家で実際にどのようなキッチンを採用しているのか気になりますよね。レンガの家のキッチンの事例をご紹介します。

 

・ヨーロッパの雰囲気のあるレンガの家

こちらは壁付けキッチンなので、リビングやダイニングとつながる空間となっています。キッチンの壁をレンガに、その他の部分は白にすることでヨーロッパのような高級感のある雰囲気に。

実際の施工事例はこちら

 

・白のキッチンに白のレンガのキッチン

L型キッチン×カウンターキッチンの事例。カウンター側にシンク、コーナー側に作業スペース、窓際にコンロ、背面にキッチン家電のスペースとなっています。コンロから背面にかけて、壁を白のレンガ調にしており明るい雰囲気に。勾配天井になっていて開放感があるのも特徴です。

実際の施工事例はこちら

 

◼ まとめ

レンガの家を建てる際、キッチンをどのようにしようか悩んでいることもあるかもしれません。キッチンには形状や向きによってさまざまな種類に分けられます。それぞれメリットとデメリットがあるため、考慮した上で選ぶようにしましょう。レンガの家の実際の事例も参考にしながらキッチン選びを行なってみてください。

 

ケンブリックは、レンガの家を専門的に建てている会社です。たくさんの施工実績を生かしながら、お客様のご要望に合わせてプランを立てさせていただきます。レンガの家をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。