けんぶりっくのブリックブログ

旗竿地のアパート

こんにちは(^-^)/
今日はアパートやマンションなどをお考えの方に知って頂きたい内容を書きます。
これからアパートやマンションなどの共同住宅をお考えの方は必見ですので、是非ご覧ください(^O^)

アパートやマンションなどの共同住宅の建築には、災害時の避難経路を確保するための規制があります。
東京都の場合、500㎡以下の共同住宅でも接している道路が4m以上必要で、
基本的に狭小地や旗竿地(敷地延長・路地状敷地)等にアパートやマンションは建てられません。

images

その土地の形状や周りの土地、また路地状の部分の長さや広さによっては建てられる場合もありますが、
都内の場合だと実際に旗竿地の土地も多く、そういった土地では共同住宅は建てられないことになります。

これから土地を探して共同住宅を建てようと考えている人はこういう土地を買わなければいいだけの話ですが、
・すごく場所は良くて、アパートを建てれば需要があるけど旗竿地だったり、
・すでに旗竿地の土地を持っていて共同住宅に建替えしたい
という方はどうすればいいのでしょう?

答えは、、、長屋(重曹長屋)で建てればいいのです(^-^)/
長屋は昔からある建物の形で、同じ建物に複数の区別された住戸があります。
アパートと違うところは、共用部分がないというところなのです。

同じ階の人が同じ階段と廊下、エントランス、エレベーターなど、
共用で使う部分があるとアパートやマンションなどの共同住宅のカテゴリになります。
そして長屋だと、アパートじゃないので、共同住宅としての規制は受けず、旗竿地でも建てることができるのです。

ただし、他の条件などもそれぞれの土地によってありますので、
必ずしも長屋だと旗竿地でも建てられるというわけではありませんのでご注意ください(>_<)

旗竿地に限らず、アパートなどの共同住宅や賃貸併用をお考えの方で、
土地や建物、周りの環境などについてご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください(^-^)/
もちろん戸建をお考えの方もお問い合わせお待ちしております。

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。