けんぶりっくのブリックブログ

節分の日

こんにちは(^-^)

今日は節分の日ですね!!
家に帰ると鬼役になるお父様も多いのではないでしょうか(^-^)

豆を撒くときの掛け声で

「鬼は~外!! 福は~内!!」

と言いますが、

そもそもこの掛け声は室町時代からあったそうです!!
室町時代の京都で、節分で初めて豆で邪気を払うという行事ができ、
その頃から定番の「鬼は~外!!福は~内!!」という掛け声を唱えていたと書物に記されているそうです!!
節分の日の歴史は古いんですね(>_<)

やがて江戸時代になると、節分の日は春をむかえる厄払いの行事として、諸国の神社や家庭にひろまり、
体を豆でなでて厄をうつしたり、年齢の数だけ豆を食べたりするようになったといいます。
また、ヒイラギの葉がとがっていることから、「鬼の目突き」とよばれ、
その先にイワシの頭をさして戸口にかかげると、邪気の侵入をふせぐとされています!!

最近では、恵方巻(えほうまき)といって、節分の日に食べる太巻きが一般的になっています。
節分の夜にその年の恵方(えほう→歳徳神の住む方角で、その年に吉となる方角)に向かって、
目を閉じて願い事を思い浮かべながら、無言で太巻きをまるかじりするそうです(^-^)

ちなみに今年の恵方は西南西だそうです。
皆様も是非今日は豆を撒いて邪気を払い、恵方巻きを食べて願い事を思い浮かべてみてはいかがでしょうか(^O^)

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。