けんぶりっくのブリックブログ

九州のレンガの家その③

こんにちは( ´ ▽ ` )

九州のレンガの家で今の法律じゃ建てることができない、古いレンガの建物がありました!!
今のレンガの色々工夫された積み方とは違い、レンガの種類はもちろん鉄筋も通していないし、
本当にただ積んでいるだけなので、色々と問題はありそうです(>_<)

しかし年数は経っていることでレンガの深みが増し、味がでておりとても素敵でした(^O^)

IMG_1378

少し白っぽくなっているのはレンガの白華(ハッカ)現象といいレンガならではの自然現象です。

IMG_1376

この柱の上の方はレンガを段段にして少しずらしながら積んでいますね。

DSC04543

いががでしたか。年数がたっても色あせず、深みを増していくレンガは、
そこに住む人もその変わりようを楽しめる家です。

ケンブリックのレンガの家は縦と横に鉄筋を通したり、躯体と近緊結させたり、様々な工夫をしております(^-^)
実験検証をして地震に強いことがわかりました!!

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。