けんぶりっくのブリックブログ

レンガ積みの家が建つまで その⑤ ~ 断熱 ウレタン充填 ~

こんにちは(^-^)

みなさんW杯見てますか?
僕は学生時代サッカーをしてたので、見れる時間帯であれば必ず見てます!!
いよいよ次は準決勝ですね(*゚▽゚*)
個人的にはブラジル対アルゼンチンの南米対決がみたいなと思っています(^O^)
開催国のブラジルは高温多湿で選手もバテやすいと聞きます。

でも日本も結構ジメジメして暑いですよね(>_<)
家でクーラーをつけていても中々涼しくならなかったり、消すとすぐに暑くなったりしませんか?
その原因は、しっかりとした断熱がされてないからなんです(ToT)
今回はその断熱について書いていきます。


前回書いた躯体の建て方。
躯体を組立て終わると、次に断熱の工事をしていきます!!

断熱は外断熱か内断熱か。
断熱 材も ウレタンフォーム やグラスウール、ロックウール、スタイロフォームなど色々ありますが、
今回お施主様がご希望された断熱材はウレタンフォームです!!

ウレタンフォームとは、ソファーのクッションやマットレスにも使われているプラスチック発泡体です。
ただ、断熱に使うのは、硬質ウレタンフォームといって固まるとプラスチックくらいの硬さになります(^O^)

断熱材でウレタンフォームといったり、発泡ウレタンフォーム、ウレタン充填断熱、ウレタン吹き付けなど色々ないい方がありますが、
断熱でウレタンというと、ほとんどが内断熱で、発泡ウレタンを充填していく断熱方法のことです。

自分で書いて思いましたが、、、、見たほうが早そうですね(´・ω・`)笑

DSC02400

まさに百聞は一見にしかずですね(^O^)
壁の中にスキマなく、発泡ウレタンを吹き付け 断熱するということです。

DSC02402

こうすることで、グラスウール等とは違い、発泡ウレタン充填 断熱により、壁の中に隙間ができません
そのため、壁の中で結露が非常に起こりにくくなります!!

もちろん断熱性能もウレタンフォームのほうがグラスウールよりも高いです(^O^)
ただ、お値段も少し高くなりますが、断熱はウレタンの方がお勧めです

ケンブリックではレンガの壁をこの外側にも積みますので、
断熱 性能は ウレタンフォームに加えてかなりの断熱効果があります(^-^)
これで、快適に家でW杯が見られそうですね!!

レンガの家についての疑問、ご質問はお気軽にお問い合わせください。 地震に強いレンガの家に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。